占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:114 hit、合計:4,825 hit

17話 一年稽古 ページ24

なんか15話、16話、文章とか変になった……すみません……読みにくいと思います……いつも絵を書いているだけなので……。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

竈門さんはそれから、鱗滝さんから呼吸、型などを教えて貰い、息止めをしたりなどでついに呼吸を使えるようになった。

私は毎日それを眺め続けた。

あれから半年が経った今でも禰豆子さんは目が覚めない

鱗滝さんが医者を呼んで診せてくれたけれども異常はない

禰豆子さん……

ーーーーーーーーーーーーーーーー

あれから一年がたったある日。



鱗「……絢。」


絢「なに?鱗滝さん」

鱗滝さんに呼び止められ、振り返る。

鱗「……炭治郎と稽古をして欲しい。」

絢「……え?」

突然のお願いに目を見開く。

鱗「お前が先に来たからといって、そんなに炭治郎と差はないだろう?」

絢「……はい」

たしかに、私は11歳の時にここに来たし、炭治郎みたいなことも12歳からだった。

だからそんなに差はない。


鱗「だから一緒に稽古をしてやって欲しいんだ。」


絢「……分かりました。」


稽古場にてーーーー


炭「え?絢もするのか?」

絢「うん」

竈門さんにこれからは一緒に稽古をすることを話す。

炭「そうか……」

絢「でも大丈夫。私と竈門さん、そんなに差がないから。」

炭「そうなのか?」

絢「うん。」

そんな会話をし、竈門さんと稽古をするようになってから数日がたった。

鱗「炭治郎。お前に教えることはもうない。」


炭「え……」

鱗「絢。お前もだ」

絢「……え?」

突然告げられた言葉に驚く私と竈門さん。


鱗「ただし」

鱗滝さんが歩き出す。

何となくでついて行く私と竈門さん。


鱗「最終選別に行くにはこれを斬ってからだ。」

鱗滝さんが行った先には大きな岩があった。



絢「……岩……?」


鱗「絢。炭治郎。この岩を斬ったら最終選別に行っていい。」


鱗「……分かったか」



ぐっ と拳を握る。


絢/炭治郎「「はい」」




それから私と竈門さんの岩を斬る修行が始まった。

18話 岩→←16話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 5.2/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 美少女 , 炭治郎オチ   
作品ジャンル:ラブコメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

スクールみきの - ですがリクエストしようとしてくださりありがとうございます! (9月14日 20時) (レス) id: cdb5f2e573 (このIDを非表示/違反報告)
スクールみきの - ごめんなさい!リクエストは受け付けてません! (9月13日 23時) (レス) id: c68a95e1da (このIDを非表示/違反報告)
yadlz208(プロフ) - スクールみきのさん» ご無沙汰しております。別のリクエストをさせていただいても良いですか? (9月11日 21時) (レス) id: 3c66cd5aee (このIDを非表示/違反報告)
三月の糸姫(プロフ) - かなとさん» その上から目線の方が腹立つので貴方が活動やめてはどうですか? (8月26日 10時) (レス) id: 6670beebf5 (このIDを非表示/違反報告)
三月の糸姫(プロフ) - かなとさん» 上から目線で偉そうに!! (8月26日 10時) (レス) id: 6670beebf5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:スクールみきの | 作成日時:2019年7月30日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。