検索窓
今日:10 hit、昨日:23 hit、合計:7,203 hit
ただ、




ただ、






君には触れちゃいけないと、




そう、



思っただけ





________





織山尚大 矢花黎







このお話はフィクションであり、実際の団体、個人とは一切関係御座いません執筆状態:連載中


















おもしろ度の評価
  • Currently 9.95/10

点数: 9.9/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
86人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

みるく(プロフ) - 目次にフィクションと書くならフラ、グも消してください。 (10月1日 14時) (レス) id: 0e7589f567 (このIDを非表示/違反報告)
三月@ ? ?(プロフ) - お、り、ふ、らたってますよ、違反なので消してください (10月1日 8時) (レス) id: e9fcfd8598 (このIDを非表示/違反報告)
てちてちてち(プロフ) - 矢花くんも織山くんも2人して儚い雰囲気がとても似合うし、美術でそれを表しているのがとても好きです、、!更新頑張ってください応援してます(^^) (10月1日 1時) (レス) @page10 id: 2748f402d3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2022年9月14日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。