占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:14,218 hit

memory 38【過去編38】 ページ40

〜白竜side〜














俺がそう言った瞬間、Aは俺を


ジロリと見た。


そして、服のポケットからなにかを


取り出した。


A「これ…なにかわかるわよね……?」


そう言い、俺にそれを見せた。


白竜「そ、それは…………!!」


俺は思わず、目を丸くした。


何故なら、Aが俺に見せてきた物は


俺の魔法の鏡だったからだ。


白竜「な、何故それを………!?;」


A「何故?あんたが家に置きっぱなし


だったからよ……。」


それを聞いて考えられることは一つ。


Aは鏡を使ってあの場面を見たのだ。


白竜「だ、大丈夫だ!!


大切な指輪だという事は父上達にも


ちゃんと説明したから!!


だからこそ、父上達に預かって


もらおうと………………!!」


俺は肩を震わせ、怒っているAを


安心させようと宥める。


A「子供のそんな気持ちを……














知っていながら!!それか!!!」








Σ Σ キィィィン!!!








Aはそう言い、俺に剣を振り下ろす。


俺はそれをなんとか剣で受け止めた。


A「よく聞きなさい、白竜!!


貴方の両親は人間のクズよ!!


人の気持ちや想いを喰いものにし!!!


不幸を撒き散らす!!!」


Aは俺に剣を押しつけたまま、言う。


俺はそれをなんとか防いでいる。


A「そんな奴らにどれだけついていった


ところで!!


ボロボロになるまで使われて、


捨てられるだけ!!!


それが……………!!!


わからないの!??」


俺はその言葉を聞いた瞬間、


怒りがふつふつとこみ上げてきた。


瞼が段々熱くなり、


目からなにか暖かいものが流れてきた。


俺は本当に悲しかった。


Aがそんなことを言うなんて


思わなかったからだ。


何より、いくら父と母が悪人だとしても、


俺の両親をそんなふうに言うなんて


許せなかったからだ。


白竜「わからない!!!」








Σ Σ ガキンッ!!!








俺はそう言うと同時に剣を弾いた。


白竜「何故だ!?


何故そんな酷い事を言うんだ!!


俺はただ……………!!


皆で仲良く、幸せになろうと………!!!」


俺は目に涙を浮かべながら、言う。














_________________

文章が……(;´Д`)

memory 39【過去編39】→←memory 37【過去編37】


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

ラッキーカラー

あずきいろ


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (40 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
14人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブンGO , 天登白竜 , 恋愛   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

匿名 - 作品は好きですが卑怯とか公に書かれるとムカつきます (2017年4月29日 1時) (レス) id: af38697470 (このIDを非表示/違反報告)
d(^ω^)ウ-!! - 白竜に天登って苗字はないよー (2017年1月23日 22時) (レス) id: 18c0f2d86b (このIDを非表示/違反報告)
剣城スノウ(プロフ) - amoさん» いえ、こちらこそ本当にすみませんでした。 (2012年11月23日 23時) (レス) id: 7b8df25041 (このIDを非表示/違反報告)
剣城スノウ(プロフ) - 静香*さん» うん!よかったよ(^_^)ありがとう!がんばるね! (2012年11月23日 23時) (レス) id: 7b8df25041 (このIDを非表示/違反報告)
剣城スノウ(プロフ) - amoさん» いえ、間違っていると言っていただきありがとうございますm(_ _)mちょっと、この頃病んでるんではっきり言っていただき本当にありがとうございます。 (2012年11月23日 23時) (レス) id: 7b8df25041 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:剣城スノウ | 作成日時:2012年11月9日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。