占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:8,599 hit

memory 50 ページ7

〜Aside〜














私と剣城君がグランドに向かう頃には


サッカー部の皆はもう集まっていた。


約一名、天馬以外を除いては。


私は『天馬は多分、寝坊だろうなー…』と


頭の片隅で予想しながら、皆に挨拶した。


その時、後ろからわざとらしい


咳が聞こえた。


??「サッカー部の諸君、おはよう」


振り向くと、不細工な狸と死にかけの魚が…


じゃなかった……;;


金山理事長と冬海校長がいた。


私達は金山理事長と冬海校長を見ると、


敵意を剥き出しにした。


A「私達に何か用ですか?」


私が皆の変わりに代表して聞くと、


二人は不敵な笑みを漏らした。


金山「ええ、君達に喜ばしい知らせが


届いたので伝える為、此処に来ました。」


A「そうですか。じゃ、さようなら。」


金山/冬海「「は!??」」


私は驚いている二人を無視し、


皆に『じゃ、皆練習始めましょう』と言った。


皆は私の返事に応え、準備を始めた。


そんな私達を見て二人はしばらく呆然と


していたが、首を振り、正気に戻った。


準備を始めようとする私達を二人は


慌てて止める。


そんな二人を私は鋭く睨んだ。


A「………なんですか……?」


金山/冬海「『なんですか?』じゃない!!!」


二人は声を張り上げ、私に怒鳴った。


『あらまあ、息ぴったり。』と私は心の中


で呟き、思わず関心してしまった。











memory 51→←memory 49


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (22 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
15人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブンGO , 天登白竜 , 恋愛   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

サクラD - 続きが読みたいです!! (2013年2月13日 19時) (レス) id: 6764b8c44a (このIDを非表示/違反報告)
あげぱんだ(プロフ) - 剣城スノウさん» えっと、idを教えてくれれば、こちらでともきしときます (2013年1月16日 22時) (レス) id: 155b0d67de (このIDを非表示/違反報告)
剣城スノウ(プロフ) - 璃瑠さん» 返事遅れてすみません;マジですか!?(゚Д゚;)ありがとうございます!そう言っていただけると嬉しいです! (2013年1月16日 21時) (レス) id: d9c0e69bd5 (このIDを非表示/違反報告)
剣城スノウ(プロフ) - あげぱんださん» ごめん、やり方がわからない;Twitterと似たようなやつ? (2013年1月16日 21時) (レス) id: d9c0e69bd5 (このIDを非表示/違反報告)
璃瑠(プロフ) - 最高ですね!!私感動しましたー・゜・(つД`)・゜・白竜君の純粋な愛情、もーたまりません!! (2013年1月6日 22時) (レス) id: d2a5dfb325 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:剣城スノウ | 作成日時:2012年11月29日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。