占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:8,595 hit

memory 49 ページ6

〜剣城side〜








俺がいつも通りに雷門中に登校して


いたら、Aさんがフィフスのバスの


タイヤに釘を刺そうとしている異様な光景を


目撃した。


剣城「………………。」


俺はその姿を見た瞬間、思わず言葉を失った。


本当なら、すぐにでも注意しなければ


いけないのだが、頭が真っ白になり、


思考が働かなかった。


だけど、俺はAさんに一つ言いたい。


『貴方は一体何をしているんですか。』


と…。


俺は身体と脳内に鞭をいれ、


Aさんに近づいた。


Aさんは釘をタイヤに刺す事に


集中している為、気づかない。


剣城「な、何してるんですか………?;;


Aさん…………;;」


俺が震える声でAさんにそう聞くと、


Aさんは石の様に固まった。


同時に顔から大量の汗が流れていた。


Aさんはロボットの様にゆっくり首を


動かし、俺を見た。


A「つ、剣城君……!;;ち、違う の……!;;


これは違うのよ……………!!;;


いや……!違わないけど……………!!;;:」


Aさんは俺を見ると


慌てて言い訳を発した。


剣城「………………。」


俺はそんなAさんの様子を


ただジッと見つめ、腕を組み、聞いていた。











Aさんは俺の射抜く様な視線に


心が折れたのか、肩を落とした。


A「…す……すみませんでした…;;」


俺は謝罪の言葉を聞くと、腕を組んだまま、


大きく頷いた。


俺はAさんの頭に手を伸ばし、撫でた。


Aさんは驚き、目を見開いた。


剣城「……なんて…Aさんの事だから…


やろうとしてやらなかったんですよね…?」


Aさんはその言葉を聞くと、


困惑した表情を浮かべた。


A「え?え??


なんでわかるの???;;」


Aさんは疑問を俺に投げかけてきた。


剣城「あ、朝練もうすぐ始まりますね。


Aさん、行きましょう。」


俺はAさんの質問に答えず、


グランドの方に足を進めた。


A「ちょっ………!!;;


先輩の質問にはちゃんと答えなさい……!!;;


こらー!!待ちなさいよ!!!」


俺は後ろから聞こえるAさんの声を


無視し、足を進めた。











剣城「…そんなの……あんたの事ずっと


見てるからわかるに


決まってんだろ………///バカ………!!////」


俺が赤くなる顔を片手で抑えながら、


そんな事を呟いたなんて勿論


あんたは知らない。

memory 50→←memory 48


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (22 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
15人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブンGO , 天登白竜 , 恋愛   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

サクラD - 続きが読みたいです!! (2013年2月13日 19時) (レス) id: 6764b8c44a (このIDを非表示/違反報告)
あげぱんだ(プロフ) - 剣城スノウさん» えっと、idを教えてくれれば、こちらでともきしときます (2013年1月16日 22時) (レス) id: 155b0d67de (このIDを非表示/違反報告)
剣城スノウ(プロフ) - 璃瑠さん» 返事遅れてすみません;マジですか!?(゚Д゚;)ありがとうございます!そう言っていただけると嬉しいです! (2013年1月16日 21時) (レス) id: d9c0e69bd5 (このIDを非表示/違反報告)
剣城スノウ(プロフ) - あげぱんださん» ごめん、やり方がわからない;Twitterと似たようなやつ? (2013年1月16日 21時) (レス) id: d9c0e69bd5 (このIDを非表示/違反報告)
璃瑠(プロフ) - 最高ですね!!私感動しましたー・゜・(つД`)・゜・白竜君の純粋な愛情、もーたまりません!! (2013年1月6日 22時) (レス) id: d2a5dfb325 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:剣城スノウ | 作成日時:2012年11月29日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。