占いツクール
検索窓
今日:64 hit、昨日:391 hit、合計:41,788 hit

Σ( ̄ロ ̄lll)ゲッ!! ページ33

凉side









いやー、本当はね?朝イチに来て瑞稀を待ち構えていようと思ったんだけど……









夜ベッドで復讐について考えてたら、ね。外が明るくなってたよね笑









(๑>؂•̀๑)テヘペロ←









1番最後についちゃった笑









で、瑞稀への最大の抵抗として俺も啓ちゃんを誘おうと思ってたんだけど……笑









瑞稀がいなくなった途端作間がね、ダッシュしてたから笑









今日は作間に花を持たせてやろう。←誰









明日こそは!俺がね!









じゃあ、まずは連絡先交換かな。









凉『啓ちゃーん』

「え?なんですか?」

凉『連絡先交換しよー!』

「あぁ、いいですよ?」

凉『じゃあ、ふるふるしよ!』

「ハ━━━ヾ(。´囗`)ノ━━━イ」

瑞『ちょいちょいちょい。はしもっちゃん。何してくれてんの?』

凉『ん?なにが?(*^^*)』

瑞『……いや、なんでもないです、はい。』







ψ(`∇´)ψフハハ!!←









俺めっちゃたまーに怒るんだよね。それがすんげー怖いらしくて。








瑞稀を黙らせられるの俺だけだもん。うん。









まじそこだけは俺の自慢。









んで、ふるふるして。友達欄に追加される『啓』の文字。









真面目っぽいね。おれの『H.Ryo』とは似ても似つかぬ。









俺の周り割と横文字使ってる人多いんだけどね。友達の偏り……笑









でもさ、連絡先交換できたからいつでも誘えるよね。









朝一緒に行こーとか放課後遊ぼーとか。









瑞稀だけに独り占めさせるわけないじゃん。何がなんでも啓ちゃんを捕まえてみせる。









覚悟しててね?啓ちゃん?

放課後だぁ〜!!→←ちーん……



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (43 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
281人がお気に入り
設定キーワード:HiHiB少年 , 東京B少年 , HiHiJets
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:コタローLOVE | 作成日時:2018年5月18日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。