占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:9,803 hit

オリマーとピクミンvsチャッピー ページ9

「……あの突進は、自らを強く見せる為のものだったんだな。
あれをすれば、全ての敵が逃げていた。
大幅に減った体力も、敵がいない内に回復出来るということか。
だから今回もそれをした。
……違うか?」
ピクミンを掴んだまま、オリマーがチャッピーに問う。
オリマーは、チャッピーが喋れると知っていたのか!?

いろいろと考えていると、自分はオリマーの言葉に間違いがあることに気付いた。
昨日の夕方前、正気を失ったチャッピーは自分に向かって滑ってきた。
あれは、突進だったのだ。
そして、自分はそれを避けようとした。
しかし、逃げはしなかった。
だから、“全て”の敵が逃げたというのは嘘だ。

「あと22%か。
ずっと放っておいても良いんだがな。
少し可哀想に思ってね。
突進の理由はわからないままだが、まあ良いとしよう。
いずれにしろ、これからはもうどの生物も突進の恐怖に怯えなくて済むからな……」
青い光を消し、オリマーはピクミンを投げ始めた。
その軌跡は、太陽の光に輝く涙の線を宙に描いた。

「25匹投げたな。
あとは隊列移動で……」
と言いつつ、チャッピーに近付いていくオリマー。
分かり切ったことだったが、抵抗はなかった。

オリマーとピクミンvsチャッピー│←オリマーとピクミンvsチャッピー



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定キーワード:ピクミン , オリマー? , オリジナル?   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

スライムヨッシー(プロフ) - ☆ハヤハヤ☆さん» どういたしまして! これからもこの小説をよろしくお願いします! (2015年2月16日 19時) (レス) id: ecfbbd08d2 (このIDを非表示/違反報告)
☆ハヤハヤ☆(プロフ) - スライムヨッシーさん» そうなんですか!ありがとうございます! (2015年2月16日 18時) (レス) id: 09219c2e94 (このIDを非表示/違反報告)
スライムヨッシー(プロフ) - ☆ハヤハヤ☆さん» うーん……この話では約150くらい使っているので、最大MPは余裕を持って230くらいかな? と思ってます! (FC版で、レベル60くらい?) (2015年2月16日 18時) (レス) id: ecfbbd08d2 (このIDを非表示/違反報告)
☆ハヤハヤ☆(プロフ) - オリマーのMPってどのくらいなんですか?【受験生だからあまりこれないとか?】 (2015年2月16日 15時) (レス) id: 09219c2e94 (このIDを非表示/違反報告)
ピクスラ レナヨシ(プロフ) - ☆ハヤハヤ☆さん» はい! 頑張ります! (2015年1月31日 19時) (レス) id: ecfbbd08d2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:チョコボスライムヨッシーピクミン(スラヨシ) | 作者ホームページ:http://dqpikuminnovels.blog.fc2.com/  
作成日時:2014年11月20日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。