占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:9,801 hit

オリマーとピクミンvsチャッピー ページ6

「……残りは、57%か。
やっと6割を切ったな……」
何かを操作して、ヘルメットに青い光を映すオリマー。
書かれている内容はわからなかったが、多分チャッピーの体力についてだろう。
体力を割合に変換出来るだなんて、オリマーの宇宙船は凄い。

「では、最初と同じ方法で倒すか……」
青い光を消し、オリマーはチャッピーに向き直った。
そして、ピクミンを投げ始めた。

視力を奪われたチャッピーに、オリマーが攻撃する。
それは、一方的な、数の暴力だった。


ピクミンを振り払うのにも体力がいる。
しかも今は身体中に何十匹も乗っているのだ。
これらを弾き飛ばすことが出来たら、奇跡が起きたと言って良い。

「……!」

突然、重みが消えた。
代わりに痛みが襲う。
一番鋭いのは、眼だった。


オリマーは気付いていた。
チャッピーが、ピクミンを振り払うことが出来ないことを。
チャッピーが怯めば、身体に付いたピクミンが飛ばされることを。
今のチャッピーの眼にピクミンをぶつければ、直接その視神経に痛みが伝わるということを。
そして、この一連の攻撃で8%しか体力が減っていないということを。
つまり、オリマーはあと7回か8回、この攻撃を続けるということだ。

オリマーがいちいちこんなことを言うので、高台にいる自分たちにもこの計画が分かってしまった。
……おそらく、自分たちの言葉を解するチャッピー自身にも。

オリマーとピクミンvsチャッピーア←オリマーとピクミンvsチャッピー



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定キーワード:ピクミン , オリマー? , オリジナル?   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

スライムヨッシー(プロフ) - ☆ハヤハヤ☆さん» どういたしまして! これからもこの小説をよろしくお願いします! (2015年2月16日 19時) (レス) id: ecfbbd08d2 (このIDを非表示/違反報告)
☆ハヤハヤ☆(プロフ) - スライムヨッシーさん» そうなんですか!ありがとうございます! (2015年2月16日 18時) (レス) id: 09219c2e94 (このIDを非表示/違反報告)
スライムヨッシー(プロフ) - ☆ハヤハヤ☆さん» うーん……この話では約150くらい使っているので、最大MPは余裕を持って230くらいかな? と思ってます! (FC版で、レベル60くらい?) (2015年2月16日 18時) (レス) id: ecfbbd08d2 (このIDを非表示/違反報告)
☆ハヤハヤ☆(プロフ) - オリマーのMPってどのくらいなんですか?【受験生だからあまりこれないとか?】 (2015年2月16日 15時) (レス) id: 09219c2e94 (このIDを非表示/違反報告)
ピクスラ レナヨシ(プロフ) - ☆ハヤハヤ☆さん» はい! 頑張ります! (2015年1月31日 19時) (レス) id: ecfbbd08d2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:チョコボスライムヨッシーピクミン(スラヨシ) | 作者ホームページ:http://dqpikuminnovels.blog.fc2.com/  
作成日時:2014年11月20日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。