占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:4 hit、合計:9,808 hit

帰還〜質問 ページ31

「ありがとう!
……5cmって、ほとんど動いてないか。
まあ速さが1.96cm/sだからね……。
では、歩いて戻ろう!」
ドルフィン初号機に礼を言うと、オリマーは歩き出した。


「……赤ピクミンは、ここにずっといるつもりか?」
ドルフィン初号機の前で、オリマーに聞かれた。
「え?」
どういうことだろう?
「もしそうなら、オニヨンにいるピクミンたちに忠告してくれないか?
『私は『ねむりの谷』に向かうが、君たちはこの森から離れるな』と……」
強い口調で、オリマーは言った。

「えっ!?
ピクミンなしで、何を……?」
偵察なら分かるが、『ねむりの谷』は既に知っている筈だ。

「それは……もしピクミンが私に協力してくれなくなった時の、最終手段の練習だ」
「……え?
そんなことをして、何の意味が?
自分たちピクミンがオリマーに着いて行かないことは、ありえないのに……?」
オリマーの言葉に驚きつつ、こう返した。

「いや、ありえるね。
現に、あの青ピクミンがそうだったろう?
それと、赤ピクミン––––君もね。
君は今までどうやって、生き長らえてきたんだ?」
「それは––––」
自分は、オリマーが自分を“置き去り”にしてから今日までの32日間を、事細かに話した。

オリマーの移動〜忠告〜彼に着いて行く(keep up with him)→←“食べられやすさ”〜跳躍〜計算&結果



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定キーワード:ピクミン , オリマー? , オリジナル?   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

スライムヨッシー(プロフ) - ☆ハヤハヤ☆さん» どういたしまして! これからもこの小説をよろしくお願いします! (2015年2月16日 19時) (レス) id: ecfbbd08d2 (このIDを非表示/違反報告)
☆ハヤハヤ☆(プロフ) - スライムヨッシーさん» そうなんですか!ありがとうございます! (2015年2月16日 18時) (レス) id: 09219c2e94 (このIDを非表示/違反報告)
スライムヨッシー(プロフ) - ☆ハヤハヤ☆さん» うーん……この話では約150くらい使っているので、最大MPは余裕を持って230くらいかな? と思ってます! (FC版で、レベル60くらい?) (2015年2月16日 18時) (レス) id: ecfbbd08d2 (このIDを非表示/違反報告)
☆ハヤハヤ☆(プロフ) - オリマーのMPってどのくらいなんですか?【受験生だからあまりこれないとか?】 (2015年2月16日 15時) (レス) id: 09219c2e94 (このIDを非表示/違反報告)
ピクスラ レナヨシ(プロフ) - ☆ハヤハヤ☆さん» はい! 頑張ります! (2015年1月31日 19時) (レス) id: ecfbbd08d2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:チョコボスライムヨッシーピクミン(スラヨシ) | 作者ホームページ:http://dqpikuminnovels.blog.fc2.com/  
作成日時:2014年11月20日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。