占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:0 hit、合計:106 hit

お父さんのぬくもり ページ9

約20年前


惑歌「おとーさーん、行ってらっしゃーい」

コナクリ「ああ、惑歌 お母さんの言うことを聞くんだぞ」

あの時、私はなぜお父さんが泣きそうだったのか分からなかった。

でも今ならわかる。

沢山のローレライのマーク、皆が応援の歌を歌っているが、悲しそうな声だ。


徴兵だ。


あのときから、お父さんを見ていない。

お母さんも話を逸らすばかり。

お父さんは南アフリカの生まれで
暫くすると、戦争の原因、状況、様々なことが分かってきた。

私達妖怪は人間の信じる力によって支えられている。

その信じる力で、その妖怪の能力自体も決まってしまうのである。


ローレライは基本海近くの洞穴に住み、海藻や魚介類を食べている。

そして我々の敵、人魚は海中に住み、海藻と貝を食べている。

人魚には魚と話ができるので、魚介類は食べないらしい。

人魚達が人間に見つかりやすい陸上を手に入れたくて、魚を食べる私達を攻撃してきたのか、

ローレライが人魚達の人気が欲しくて攻撃を仕掛けたのか、

よく分からないがどちらも引く訳にはいかなそうだ。

紙飛行機で伝えたかった思い→←2. 過去編 3つのストーリー



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:山岸ふあ | 作成日時:2020年4月14日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。