占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:34 hit、合計:290,220 hit

32話 ページ34

.



歌舞伎を後にして、時計を見れば昼過ぎだ。
空腹は感じないがそれは私の話で、人の煉獄さんは話が別だ。


『お昼ですけど、どうします?』

「食べたいところだが……流石の混み具合だな」

食事通りには昼時も相まって、沢山の老若男女が集う。
津波のような人の川の流れはひとたび容易に入ってしまえば戻れないように思える。


『空いている店とか、ありますかね』

「あればいいんだが。俺は少し探して、席をとって戻ってくる」

『一緒に行きますよ』

「君を人波に晒す訳にはいかない」



あ、「女性」から………「君」になった。
なんだろう、それ……。


最近、この人の所為で小さな事全てが気になってしまう。

『じゃあ、気をつけてくださいね』

変に動揺しているのを勘づかれたくなくて、彼を送り出す。

心臓がすごく波打って、胸がグッ盛り上がったり、グッとへっこんだりする意味を私は受け入れたくなかった。






.






物静かな店の軒下の壁に私は体を預け、煉獄さんを待っている。遠に数十分は経過していた。不思議と待つのは辛くない。

煉獄さんのような体格のいい男の人でも、流石にこの混雑に完全に紛れてしまう。

目の前の人の流れを見ては、懐中時計を見るのを繰り返していた。



『ん……?』



顔の横に垂れた髪を耳にかけて、ふと、視線を感じて私は無意識に目線の感じる方向を見てしまった。

英国着姿の日本人の男性が私を見ている。その人は私と目が合うなり、私の元に向かってくる。
堂々とした優雅な動作ではなく、控えめで静かな動作。爽やかな男の人だ。



「その傘は日傘ですか、お嬢さん?」


『はい、今日は曇りですけど念の為に』


「肌の御病気か何かで?随分と美しい頬だ」


『まあ、そんな感じです』

「この手」の相手は早く別れるのが的策なのだが、彼は会話の隙を与えない。


「私、今時間がありまして。御一緒に如何ですか?」


『人を待っているので』


「結構待っているようでしたし、お連れの方が来るまで」


『いえ、困ります。私、』


振り切ろうとした時、咄嗟に男の人が私の指先を掴んだ。




「あなたのような美しい人を待たせるなど、言語道断です」


『待っているのが苦じゃない相手でもですか?』


男の人は気の抜けた表情を見せた。
私の言葉に偽りもない。


だけれど、手を離さない男に果てしなく困っていた。






.






.






.





「俺の妻をあまり困らせないでくれないか」





.

33話→←31話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (310 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
477人がお気に入り
設定キーワード:煉獄杏寿郎 , 鬼滅の刃
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

茄子(プロフ) - 小説も挿絵も何もかもがとても素敵でした……素晴らしい作品をありがとうございます…… (1月25日 23時) (レス) id: 58113d68f6 (このIDを非表示/違反報告)
モルス(プロフ) - 涙が止まりません……こんな素晴らしい作品をどうもありがとう…… (12月2日 14時) (レス) id: d7cc26133c (このIDを非表示/違反報告)
愛郎素(プロフ) - 香坂さん» 語彙力が!高い!!よもやよもやです……本当に書いていてよかったと感じました!これからも頑張ります! (10月12日 14時) (レス) id: 56f98660a0 (このIDを非表示/違反報告)
香坂 - 言葉使いや書き方、表現に引き込まれました。一つの本を読み終えた時のような気持ちになり、とても良い作品だと心から思いました。このお話が読めてよかったです。 (9月18日 17時) (レス) id: c6f322a1f4 (このIDを非表示/違反報告)
愛郎素(プロフ) - 神夜さん» 素敵!!ありがとうございます!!頑張った甲斐があります!ありがとうございます (9月15日 23時) (レス) id: 56f98660a0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:愛朗素 | 作成日時:2019年8月30日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。