占いツクール
検索窓
今日:232 hit、昨日:418 hit、合計:286,116 hit

21話 ページ23

.


「ねえ、杏さま、気になる女性はいませんの?」


酒を含み、俺や宇髄、そして娼妓の彼女たちもほのかに酔いはじめた。
俺の腕に絡みつき、上目遣いで見上げる彼女からは麝香の匂いがする。


「ここでそう言う話をするのか?俺は君目当てで来てるんだが、」


彼女は嬉しそうな顔を浮かべて、猫のように頬を擦り寄せた。
だが別の彼女は言う。


「なに誤魔化されてるのよ。杏寿朗さま、本当にいないの?お役人となれば、女性との関わりだって多いでしょう?」

酒を呑むと強気になる彼女は宇髄のお気入りだ。


ここでは、俺達は役人という事になっている。政府非公式の組織(鬼殺隊)に所属する俺達はこの事を公に晒すことは少ない。増してや、鬼の存在の認知が大きくわかれる。
まあ、説明が面倒、という点もあるのだが……。




「杏寿郎さま、いっつも自分の事言わないじゃない」

宇髄の傍を離れた彼女は、不敵に笑う。



「_______私もあなたの事が、知りたいわ」



強気な彼女のその悪戯な言葉が、俺の中では、違う声で脳に響いた。



「あら!もしかしているのね?お仕事で出会った女性でもいいのよ?」

「それは俺も興味があるな、煉獄。どんな派手な女だ?」



宇髄、貴様もか。
だが、俺も相当酒が回っていた。


ただ純粋に、任務先で出会った女性……それを考えて、彼女を思い浮かべた。







「……鬼、だな」







よもや、俺はとんでもない事を言ってしまった……!

素っ頓狂な声と酒を吹き出す派手な音で、俺は慌てた。




「いや!違う!鬼のような女性、と言いたかったんだ!」


厳密には、彼女は鬼で俺は間違ってはいないが、この真実は毒だ。加えて、彼女は鬼のような女性からは掛け離れ、謙虚に振る舞い、男からは一歩引いて行くような女性だ。

全く……何を言っているんだ。



「強い女性なんですね、その人」


「今でもあってるの?」



いや、いつからか会っていないな。
あの山での仕事を終えてから、もうしばらく経つ。

「会っては、いないな」


「文通なさって見たら?喜ぶんじゃないかしら?」


確かに、鎹烏を飛ばすと言っても一度も彼女の元に飛ばした事はなかった。


「もうその話はいいでしょ?ねえ、杏さま、あたしに構ってくださいな」


色々と考え込んでいると、俺の腕に絡みつく彼女は拗ねた声をあげる。




白い肌、黒い髪、黒い目の色、それが彼女と重なった。




.

22話→←20話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (310 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
479人がお気に入り
設定キーワード:煉獄杏寿郎 , 鬼滅の刃
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

モルス(プロフ) - 涙が止まりません……こんな素晴らしい作品をどうもありがとう…… (12月2日 14時) (レス) id: d7cc26133c (このIDを非表示/違反報告)
愛郎素(プロフ) - 香坂さん» 語彙力が!高い!!よもやよもやです……本当に書いていてよかったと感じました!これからも頑張ります! (10月12日 14時) (レス) id: 56f98660a0 (このIDを非表示/違反報告)
香坂 - 言葉使いや書き方、表現に引き込まれました。一つの本を読み終えた時のような気持ちになり、とても良い作品だと心から思いました。このお話が読めてよかったです。 (9月18日 17時) (レス) id: c6f322a1f4 (このIDを非表示/違反報告)
愛郎素(プロフ) - 神夜さん» 素敵!!ありがとうございます!!頑張った甲斐があります!ありがとうございます (9月15日 23時) (レス) id: 56f98660a0 (このIDを非表示/違反報告)
愛郎素(プロフ) - (○_○)ノさん» ふぉぉぉぉありがとうございます……!!素敵とかとても嬉しいです! (9月15日 23時) (レス) id: 56f98660a0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:愛朗素 | 作成日時:2019年8月30日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。