占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:3 hit、合計:6,207 hit

_ ページ9

悪魔が聖属性を操れる例など、どこの時代にも無い、あってはならない事なのだから。

「俺は……俺の出身はウィンリーって言った……っていうか、一応教えてたよな?お前に」
「ウィンリー!?初耳だぞ??お、御姉様は知っておられたので?」
「知ってるも何もご近所さんだよ〜」

イルナはあまりに驚き過ぎて口が塞がらなかった。
そして、シユなイルナに溜め息が止まらず、もうこいつ駄目だ……頭を抱えた。

「ねぇねぇ、イルナ。ウィンリーが聖者や天人の住む星なのは知ってるよね?」
「あ、え……はい……」

今まで微笑みながら見ていただけのルリがイルナにそう質問すると、いきなりの質問にびっくりしたイルナの目線までしゃがむ。

「じゃあ、悪行を行ったら追放。悪行を行った者は立ち入り禁止ってルールは知ってる?」
「も、もちろん知ってます」
「うん。だよね!」

そうルリは花が飛びそうな笑みをみせる。

「それでシユのお父さんとお母さんは悪行を行った事がなかったから歓迎されたの!」
「え、あ……それと聖属性と何の関係が?」
「ウィンリーに住んでく内に自然とだ〜れでも聖属性は使えるものだよ?」

その答えを聞いた瞬間イルナは固まるが、すぐに正気に戻る。

「それで、だいぶ長話したけど調子はどう?シユ。元気満々?」
「あぁ。そうだな」
「じゃあ歩きながら説明しよっか。イルナ」

そう言い、ルリは静かに立ち上がる。
シユはそれを見ると、小さな声を出し立ち上がり、立てという様にイルナに手を差し出す。

「それじゃあ〜行こっか」

そうルリは、イルナが立ち上がるのを確認してから声をかけた。





「で、さっきの話しをまとめたのがここまで何だが……覚えたか?」
「はい、覚えました!」

廃校舎の一階。先程、話していた内容をまとめたものをシユは話し終えると、何かを思い出したのか急に足を止める。

「そういや……アレ、二階に近寄ろうとしてなかったよな……?」
「何かあるのでしょうか?」

二人は、二階へ上がるための階段を少し睨み付ける様に見つめる。
そんな二人を、ルリは相変わらず微笑んだまま見ていると、階段に気を取られ意識が自分から離れている不意を付くように、後ろに近づき声をかける。

「ねぇ、行ってみる?」
「っ!!?」
「にぎゃ!?」

案の定、二人は驚きのあまり、シユは前に転びかけ、イルナは尻餅をつく。
脅かす様な真似をした本人は、さっきと変わらず微笑んだまま小さく笑う。

_→←_



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定キーワード:アルテミアス , オリジナル , 学園ファンタジー+戦闘   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:矢骸 鵺与 | 作者ホームページ:   
作成日時:2016年3月8日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。