占いツクール
検索窓
今日:15 hit、昨日:594 hit、合計:29,907 hit

Four ページ5

この日は午前中のみの学校で
教科書類の説明や、校舎案内
クラスの同級生一人一人の自己紹介をした

…熱っぽい視線はいくらでも感じる
自己紹介は嫌いだった
私は男には微塵も興味が無い
…今迄どれだけ言い寄られたことか
そういうことを望まない私には苦痛だった

ロボロ?勿論人気だった
声良し、顔良し、身長良し(?)だからか
女子生徒達は盛り上がっていた
…そんな存在がもう一人

kn「俺コネシマ、よろしゅう」

これまた女子ウケしそうな男子生徒だった
俗にいうイケメンというやつ
そういえば騒いでいた男はこの男子だったか
教室に入ってきた時から
大声を響かせて話していた

コネシマの自己紹介が終わった後
ロボロが「あいつ知り合いなんや」
と私に告げた

本当にそうらしく、現に今、ロボロへ近付き
「おうロボロ!帰るぞ〜」と言っている

さて、私も早く帰って
お母さんの作ってくれたご飯が食べたい
さっさと学校を出ることに

と思っていたが

rbr「Aも一緒に帰らへん?」

kn「『え?』」

思わず声が出た
その声はコネシマ君と同時で
彼の方を見れば、彼も私を見ていた
そして口を開く

kn「噂の美人な女やん!お前の隣やったんか…なんやロボロ、落としにかかるんか?」

rbr「はぁ!?ちゃうわアホ!Aが一人で帰るようならと思っただけやわ!」

kn「ほぉん……まぁええわ…俺コネシマ、よろしゅう」

そう言い、彼は私に手を差し出した
握手を求めているらしい

『私はA、よろしく』

…どうやら私に対して何とも思っていないらしい
喜ばしいことだな
男は下心丸出しだから
なかなかこういう奴は居なかった

私はロボロとコネシマと帰ることになった

Five→←Three



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (47 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
185人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd,実況者 , 学パロ , 逆ハー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

アルバート - 久しぶり!(そうでもない)テストお疲れ様!卒業してからも勉強…すごい!ドイツ行く時は私も連れてってーwチャンピオンは丁度今買ってきたばっかりで一瞬で読んだ。tn氏が召喚したのめっちゃかわいかった。 (3時間前) (レス) id: 33ab6007d7 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - レミリアさん» ですよね!!ほんっと…tn氏がよかった……!ドイツ語はカッコイイですが私がカッコイイのは幻想ですよ… (8時間前) (レス) id: 72381179a9 (このIDを非表示/違反報告)
レミリア(プロフ) - チャンピョン良かったですよねーーーーー!tn氏の緊張ぶりがもうっ……はっ!失礼しました。ドイツ語を独学…主さんかっこいいですね! (8時間前) (レス) id: 0a87aae102 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - アルバートさん» 頑張るっっっ……ut先生の誕生日は全力で祝いましたよ……勿論プリンには先生の誕生日もありますよ…忘れませぬ…!!(まだセーフ)(祝うだけでPK) (1月23日 23時) (レス) id: 72381179a9 (このIDを非表示/違反報告)
アルバート - テスト頑張って!ブロマガは挨拶もいつもの挨拶に戻ってて本当に安心した。レポート、字数まで決まってるの!?頑張って!お祝いのプリンってもしかして、ut先生のお祝いも入ってる…?(ut先生、誕生日おめでとう。)(今日祝ってもまだセーフかな) (1月23日 22時) (レス) id: 33ab6007d7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: x他1人 | 作成日時:2019年10月15日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。