占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:4 hit、合計:1,191 hit

Episode 9 ページ10

Aside






『記憶が…消されてる?』







?「ああ。ある機械な超音波で記憶を消している。」






さらっというあたり怖い…。






?「というか今から向かわないと間に合わないが?」






『まじか!』






急いで銃を装備していった外へ出た。






−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






もう空が赤く染まってきている。







〇〇は、広い草原的なところだ。







サッカーゴールが2つおいてある。







『さすがに誰もいないよな…。』







そう思い見てみると、赤いアロハシャツを着た男4人がサッカーをしていた。







暗くて誰だか分からなかったが、カメラが置いてあったので撮影でもしていたんだろうと思っていたら、撮るのが終わったらしく片づけ始めた。







ほかにも周りに結構人がいた。







『いい大人して……。楽しそう。』






そう思っているとスマホが鳴った。






またアプリだった。







開いてみると…







《ウイルスがまかれるまで残り1:00》と出た。








一時間もあんのかよ。







とか思っていたが一時間ではなく、









のこり一分だったらしい。







やばいと思い、皆に避難するよう言おうと思ったが、誰も信じないだろう。

続く  (更新停止中) お気に入り登録で更新通知を受け取ろう

←Episode 8



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:最俺/自称Top4 , キヨ , ゲーム実況者
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2018年2月11日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。