占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:15 hit、合計:40,220 hit

9.7 ページ29

ヒロインside




私は、声に誘導されるがまま、暗い道を歩いている

土はでこぼこし、草はぼうぼうに生えている歩きにくい道だ

でも、彼女がこっちだと言うのなら、たぶんこっちなのだろう

あ、彼女ってのは声の主の事ね

声色から、恐らく女性だって私が勝手に思っているだけ

私は、そんな彼女に聞きたいことがあった

さっき彼女が質問した内容

「1番大好きだと思う人って誰?」

なぜかは分からないが、私は、逆に質問してみようと思った



『アンタは誰かいるの?好きな人』



少しの沈黙が流れる

なぜか気まずいこの空間の中、私は、姿かたちの見えない彼女の声を待った



いるよ

『どんな人?』

強くてかっこよくて、優しくてかわいくて、どこか抜けてるとこがあるけど、やるときはちゃんとやってくれる。私の、永遠のヒーロー。

『のろけてるねー?』

うっさいし



好きな人のいいところを話しているうちに、彼女の声が明るくなっていくのを感じた

本当に好きなんだね、その人



でもね、その人死んじゃったんだ

『え、どうして』

本当に急だった。病気でさ、眠るように死んでいった



まさか、彼女にそんな過去があったとは、想像もしていなかった

私は、突然の告白に、どう返事をしていいか分からない

少しの沈黙を、今度は彼女が切ってくれた



辛かった、悲しかった。幸せが、手元から簡単に滑り落ちていくその様を、今でも覚えている

『・・・うん』

彼のいない世界に絶望したけど、私には息子が、そして仲間がいた。その世界には、守る理由があったのね

『うん』

だから、頑張ったんだけど、ダメだった

『ダメ?』



彼女は、守ることができなかった、ということなのだろうか?

「ダメ」が、一体何を指しているのかは分からないが、彼女が悲しんでいることは分かる

その言葉について考えていると、彼女は、「よし」と言い、話を続けた



そら、あそこでブラックが待っているよ

『ほんとうだ、ありがとう!』

どういたしまして。・・・ねぇ、なまえ

『なに?』



なんで私の名前を知っているのか、疑問に思ったが、その質問は後回しにした



ここからが、運命の分かれ道だよ。自分の心に、正直にいきなさい

『え?』



私がそう言うと同時に、彼女の声が途絶えた

彼女の言ったことが、はたして何なのかは分からないが、心にとめておこう

私は、深く深呼吸をした後、遠くに見える、ブラックとザマスの元まで駆け抜けた

9.8→←9.6



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (73 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
124人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

イミチャミ - この小説大好きです!!もう20回位よんでます!! (8月12日 16時) (レス) id: fe9534ed2a (このIDを非表示/違反報告)
無名 - そろそろ小説再開してください。続きがきになります。 (3月29日 16時) (レス) id: c2b0079e10 (このIDを非表示/違反報告)
無名 - 続きをお願いします。 (1月29日 21時) (レス) id: 3bd806a6e0 (このIDを非表示/違反報告)
無名 - 更新頑張ってください、続きが気になります。 (1月8日 0時) (レス) id: 3bd806a6e0 (このIDを非表示/違反報告)
無名 - 続きが気になります。どうか更新をお願いします。 (11月25日 18時) (レス) id: 2e47bfbbdf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぐーちゃん | 作成日時:2017年3月18日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。