占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:6 hit、合計:35,255 hit

私の兄〜6〜 ページ10

『うぅ…ごめんなさい…』


ガスコンロ 一部損傷。



お兄ちゃんの怒りは大爆発である。



「ごめんなさいだぁ?一歩間違えれば火事になってたんだからな?いい加減にしないと…」

いい加減にしないとどうなるというのだ。

私に手は出せなかろう!ははははは!

あー、何この心の中だけの余裕。


「ま、まあまあ…Aも悪気があった訳じゃ」

甘い。湊兄、すごく甘い。
私のたった1人の味方だ。




「そうやって、湊兄が甘やかしていくにつれ、コイツはどんどん自堕落になっていくぞ。」

「はっ…それはだめだ…」


あ、味方0だ。


『お、お兄ちゃんのバカ〜!
こんな事でそんなに怒らなくても…』


「火事未遂がこんな事か?あ?」

『もう!分かったから!!』



「ダメだよ、A。朔はAのことを思って言ってくれてるんだから。」

急に朔兄の味方してるし…






『もう、私実家に帰る〜!!』


「何言ってんだ、バカ。実家ココだろ」

『違うもん、あのアレだもん!帰るもん!!』



私は自分でもなんの事言ってるのかサッパリだったが、お兄ちゃんの言いなりになるのも嫌で、何故か家を飛び出した。






さて、私はこの後どこに行ったでしょうか。









はい、正解は漫画喫茶にいます。






狭いとこ結構好きだから、居心地良いな〜。



漫画好きだし。









怒り狂うお兄ちゃんがいる家よりここの方が良い。








でも、ここにいつまでも居るわけにはいかないんだよな…





18歳未満だから、時間制限がある。





これから、どーしよ。









『う〜〜』




頭を抱える




トントン





すると、肩に妙な違和感というかなんというか。








顔を上げてみる。








もしかして、店員さん?時間過ぎたとか…?



時間経つの早いな









でも、上にいたのは店員さんじゃなく…




しかも、顔見知り。












「やっほー」


『く、工藤先輩!?』








あの、工藤先輩だった。

私の兄〜7〜→←私の兄〜5〜



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
69人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 兄妹 , 過保護 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

萃華(プロフ) - 弓月さん» そうなんですか!!意外と皆さん兄弟多くてびっくりです。コメントありがとうございます! (5月27日 18時) (レス) id: d357343295 (このIDを非表示/違反報告)
弓月(プロフ) - 私は兄6人姉2人ですー。おもしろいですねぃ (5月27日 13時) (レス) id: 32509f2cb7 (このIDを非表示/違反報告)
萃華(プロフ) - 黒男さん» お兄さんが2人いるんですね!自分が考えたキャラクターが素敵なお兄さんなんて言われて嬉しいです!コメントありがとうございます (2017年12月3日 14時) (レス) id: d357343295 (このIDを非表示/違反報告)
黒男(プロフ) - 兄貴が2人………私と一緒じゃないか!!← こんな素敵なお兄さんだったらどんなに嬉しいか……(泣) (2017年12月3日 14時) (携帯から) (レス) id: 92cb0e51fd (このIDを非表示/違反報告)
萃華(プロフ) - 兎危(うき)さん» コメントありがとうございます!すごいですね!!私は妹1人なので、上がいるのは羨ましいなとか思ったりします! (2017年12月2日 21時) (レス) id: d357343295 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:萃華 | 作成日時:2017年8月3日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。