占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:521 hit

〜侑李side〜 ページ7

〜侑李side〜





俺のこと?








いきなり俺の名前が出てきて心臓が止まるかと思った



……なんで?







実「……何言ってるんですか」

消えそうな大野の声に


大「見てらんねぇよ…お前のこと」

苦しそうな大貴の声……



実「ほっといてよ…」

大「ほっとけるかよ。そんな悲しそうな顔してほっとける訳ねーだろ。」

実「うるさい!」

大「……実紅…………もう自分を責めるのはやめろ。」

実「うるさいっ!!!何も聞きたくない!!!」




頭を抱えるようにしてしゃがむ大野…

こんな苦しそうな姿、俺は知らない……知らないよ…






大「実紅…………」









大「もう辛いだろ?









.








記憶のない侑李を見てるの」









え?




俺の記憶……?









実「いいの!


侑李を好きでいるって……一生侑李を愛するってあの日決めたんだからいいの!!




たとえ侑李が私のこと忘れても私は侑李を愛したい!!


侑李しか愛せないよ!!!




大貴だって誰よりも一番知ってるでしょ!!!」


振り向いた大野は涙でポロポロ零していた


大「一番知ってるからこそ辛いんだよ!!



実紅が幸せそうに可愛く笑うあの笑顔、もう一度見たいんだよ…………



なぁ……侑李んのこと忘れて









俺にしない?」



実「え……?何言って…………」



涙でぐちゃぐちゃの大野は

呆然と大貴を見つめた






大「……俺は実紅のこと泣かせたり忘れたりなんかしない。





侑李のこと忘れされるくらい


俺が愛してやるから……」







そう言って大貴は大野を引き寄せて


抱きしめた……









慌ててその場から離れて屋上を出た俺は呆然とするしかなかった






そして、胸の奥がチクチクと痛んだ……

続く お気に入り登録で更新をチェックしよう!

最終更新日から一ヶ月以上経過しています
作品の状態報告にご協力下さい
更新停止している| 完結している



←〜侑李side〜



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 0.0/10 (0 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:☆。ちゃま.:*・゜ | 作成日時:2016年8月20日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。