占いツクール
検索窓
今日:59 hit、昨日:936 hit、合計:23,387 hit

検査の準備 ページ30

Aside

山崎 「じゃあ、ここの個室で検査の準備するね。この紙に書いてあるように、少しづつこのお薬と、お水を飲んでもらうよ。

トイレに行きたくなったら、あそこに見えるのがトイレだから自分のタイミングで行ってね。


2つ部屋があるんだけど、くまのシールがドアに貼ってある方がAさんのね。」

A 「分かりました。」

山崎 「じゃあまず1口飲んでみようか。」

そう差し出された薬は無色透明。いわゆる下剤。
恐る恐る私はその薬を飲んだ。

A 「、、うぇっ、、」

まって、不味すぎる。こんなの飲み物じゃない、、、

山崎 「おっと、大丈夫?まずかった?」

A 「、、、、泣」

山崎 「まずかったね、、苦手な人は苦手なんだこれ。
ゆっくりでいいから頑張ろうか。15分で1杯飲めればいいからね。」


何とか1杯目を飲み終えた頃、看護師さんは呼ばれて行
ってしまった。

まって、これ1.5Lものむの、、、泣

看護師さん、戻ってくるまでに1杯頑張って飲もうね、って言ってたなぁ、、

飲まないと、、。

・→←当日



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
47人がお気に入り
設定タグ:オリジナル , 高校生 , 病院嫌い , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ちぃ | 作成日時:2022年4月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。