占いツクール
検索窓
今日:56 hit、昨日:936 hit、合計:23,384 hit

いつもの朝 ページ2

Aside

リリリリリ リリリリリ

夏休みが近づくある日、
今日も目覚ましに起こされて朝が始まる。

朝に激弱な私は亀のようなのろさで布団を出た。

寮の食堂では、親友のゆりがもうご飯を食べていた。


ゆり 「おー!Aじゃん まーたそんな眠そうにして」

A 「うーん、 ゆりは相変わらず朝から元気だなぁ」

ゆり 「笑 A早くしないと遅刻しちゃうぞ〜」

A 「も〜 わかってるってぇー(-ε’-)」



ゆりは中学からの親友。いつもからかってくるけど、なんだかんだ仲良し。部活も同じでよく遊びにも出かける仲。

ゆりはほんとに朝から元気で羨ましいよぉ、、
私も早くご飯食べて学校行かないと!!

うーん、、なんだかお腹痛いな、、

トイレいってから学校行こっと。

学校→←主人公について



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
47人がお気に入り
設定タグ:オリジナル , 高校生 , 病院嫌い , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ちぃ | 作成日時:2022年4月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。