占いツクール
検索窓
今日:56 hit、昨日:70 hit、合計:42,782 hit

泣き虫 ページ22

・*:.。..。.:+・゚゚・*:.。..。.:+・゚
樹side







勢いで、出てきてしまった。
言いたいことも言えずに。
なんで?って、どうして?って、聞いても教えてなんかくれやしない。

まるで魂が抜けたみたいに、フラフラと廊下を歩く。
フラッと角を曲がると、居ないはずの人がいて思わず声を上げて驚いてしまった。


『うわっ!て、え…やましょーさん?どうしたんですか、?』

山「…いっちゃんのこと待ってた。」

『え?』


長話してもあれだからここで、と戸惑う俺を差し置いて喋りだしたやましょーさん。


山「時間もないし、簡潔に言うから聞け。」

『…わかりました。』


やましょーさんの表情とか、そういうのから、きっと自分と翔平の事だろうと予想は着いていた。

けれど。



山「翔平は、多分勘違いしてる。」

『勘違い、?何を…』


山「いっちゃんが風邪で休んだ日、翔平、家で泣いてたんだ。」

『え…』



山「原因はいっちゃん。」


『っ!』

山「何があったのかは俺に知れたことじゃないけど、樹がそんなだったら、今すぐにでも翔平奪っちまうよ?」

『そんな、』


知らなかった。
…ただ、あいつとの間に壁ができてしまった今、こんな事人伝に聞いていいものなのかと思うし、正直、今の中途半端で精神的にもだいぶ来ている状態の俺では、奪われても仕方ないんじゃないかって…思ってしまった。

俺は、翔平を好きでいる資格もないんじゃないか。


山「…気づいてやってよ。あいつが今どんな気持ちで、どんな風に過ごしてるか。」


山「樹なら、分かるでしょ。」



諭すようにそう言う彼。







『…わかんないんですよ。』

山「は?」


『わかんないんですよ!!今まで、ずっとあんな単細胞の行動なんか手に取るように分かったのに、気持ちを伝えてからは…っほんとまるで期待させるみたいな行動ばっかするし、かと思えば、急に避け始めるし、っ、もう、わかんない…!』


取り乱すとかめちゃくちゃダサいし、それくらいもう、俺の中で溜まっていたものも大きかったんだと思う。

俺の中をかき乱しては、馬鹿なことばかり考えて少し近づいた気のする距離をあっけなく遠ざけてしまう翔平。

恋って、こんなに辛いものなの?

翔平の気持ちが分からない、当たり前なただそれだけの事で、俺は今、涙を流している。



山「…まじお前ら、ほんと泣き虫。」


『、ぅ…』









゚・*:.。..。.:+・゚゚・*:.。..。.:+・゚

俺じゃ、→←上手くいかない


作者の呟き

リンクちゃんと貼れてなかったごめね


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (102 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
365人がお気に入り
設定キーワード:THERAMPAGE , 藤原樹 , BL   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白湯(プロフ) - トマトさん» ありがとうございます。完結まで行きつけたのは読者の皆様のおかげです…!本当にありがとうございました。明日辺り、しょへさんのお話をあげる予定ですので、楽しみにしていてください♪ (12月15日 22時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
トマト(プロフ) - 完結まで書いていただきありがとうございます!途中切なすぎて、本当に泣きました…このお話大好きです!!!山彰さん北人さん海青さんしょへいつのその後も全部気になります…お時間ありましたら書いていただけると嬉しいです!! (12月15日 19時) (レス) id: 30ecbafb1c (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - さーきーさん» ありがとうございます。色々書きます!完結できたのも読者様のおかげです。本当にありがとうございました。もう少し、お付き合い下さい。 (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - ゆあらむさん» ありがとうございます。楽しんでいただけて何よりです、!続編、前向きに検討させていただきますね。その時はまたよろしくお願いします。笑 (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - Kerooさん» ありがとうございます!拙い文章にもお付き合いいただきありがとうございました!そう言って頂けると作者調子に乗ります…笑、お楽しみに♪ (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白湯 | 作成日時:2020年10月18日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。