占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:96 hit、合計:41,697 hit

呑気 ページ13

・*:.。..。.:+・゚゚・*:.。..。.:+・゚
翔平side









『…来てしまった。』


結局、薬やらなんやら色々買って、両手に抱える程の荷物を持って樹ん家のマンションのエントランスまで来た。
いや、ここまで来ておいて来てしまったってのもおかしいけど、正直これだけの荷物はいらんだろうと思った。普通に。

…なんかまるで張り切ってるみたい、

これ以上考えてたらおかしくなりそうで、薬飲ましてさっさと帰ろうと思い、インターホンを鳴らす。

夏風邪くらいなら、インターホンに出ることは出来るだろう。

なんて、俺はとても呑気なことを考えていた。







?「はーい。」



『え…?』




スピーカーから聞こえてきたのは、紛れもなく女の人の声だった。



?「どなたですかー?」


『…あ、いやえっと、』

?「あー、宗教勧誘とかなら間に合ってます。」

『っちがくて、!』

?「…?チラシもいりませんよ。」



まずい、頭が上手く回らない。
女の人?誰?
樹が家にあげるような人だからタチの悪いファンとかではないよな、


…部屋を間違えたのかもしれない。
そうか。そうだ。なんで気づかなかったんだろ。



『すんません、部屋間違えました。』

?「そうですか。」


ブツっと切られた音がして、辺りは全くの無音になったのに、 嫌な予感のする俺の鼓動はとてもうるさい。

…そんなわけないんだよ。
あの日、樹に強引に泊まらせられた日、忘れるはずがない。
俺は、この部屋に泊まった。
間違える訳ない。
樹の部屋だ。









気がついたら、両手の荷物の重さも忘れて自分の家にいた。

どうやって帰ってきたかも、覚えていなかった。









゚・*:.。..。.:+・゚゚・*:.。..。.:+・゚

遊び→←夏風邪


作者の呟き

リンクちゃんと貼れてなかったごめね


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (102 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
365人がお気に入り
設定キーワード:THERAMPAGE , 藤原樹 , BL   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白湯(プロフ) - トマトさん» ありがとうございます。完結まで行きつけたのは読者の皆様のおかげです…!本当にありがとうございました。明日辺り、しょへさんのお話をあげる予定ですので、楽しみにしていてください♪ (12月15日 22時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
トマト(プロフ) - 完結まで書いていただきありがとうございます!途中切なすぎて、本当に泣きました…このお話大好きです!!!山彰さん北人さん海青さんしょへいつのその後も全部気になります…お時間ありましたら書いていただけると嬉しいです!! (12月15日 19時) (レス) id: 30ecbafb1c (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - さーきーさん» ありがとうございます。色々書きます!完結できたのも読者様のおかげです。本当にありがとうございました。もう少し、お付き合い下さい。 (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - ゆあらむさん» ありがとうございます。楽しんでいただけて何よりです、!続編、前向きに検討させていただきますね。その時はまたよろしくお願いします。笑 (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - Kerooさん» ありがとうございます!拙い文章にもお付き合いいただきありがとうございました!そう言って頂けると作者調子に乗ります…笑、お楽しみに♪ (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白湯 | 作成日時:2020年10月18日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。