占いツクール
検索窓
今日:74 hit、昨日:124 hit、合計:42,653 hit

間違った ページ11

・*:.。..。.:+・゚゚・*:.。..。.:+・゚
翔平side






山「お前、いっちゃんに何傷つけられんの?」

『それはっ、あいつが俺に飽きたりとかした時に…俺が…捨てられる、とか、』

山「…はぁあ。かわいそ。かわいそーな樹。」


わざとらしく皮肉みたいにかわいそう、と連呼する。


山「無理、鈍感すぎてもはやキモい。何食ったらそんなネガティブになんの?」

『ディスり過ぎです。泣きますよ。』

山「泣け泣け。泣いちまえ。そんなのよりいっちゃんの方が100倍苦しいわ。」


ひとつ動く事に溜息をつきながら喋る彼。


えっ酷い。


山「傷つきたくないって…この告白を断ったら誰が傷つくと思ってんだよ。」

『樹が傷つくことになっても、!期待して傷つくのは、どちらにとってももっと辛いはずです、』


山「なんか勘違いしてるよ。翔平。」


『…』


山「…この告白を断ったら、樹と同じくらい、翔平も傷つくことになるんだよ。」


『…どういう、ことですか。』

山「分かってんだろ。自分に嘘なんかついていい答えが出てたまるかよってこと。」

『嘘なんかついてな、』

山「翔平。お前が一番辛い時に、そばにいてくれたのは誰?」


『…っそんなの、メンバーみんなが寄り添ってくれました、』


山「質問変えようか。…お前がいちばん辛い時に、そばにいて欲しいのは、誰?」


『…っ、』

山「今、お前の中には誰がいる?」


図星をつかれてしまって、言い返す言葉が見つからない。




山「分かるだろ。大切な人も自分も、容易く傷つけようなんて考えんな。」




やましょーさんは俺の目を見つめてそう言った。







…あぁ俺は、また間違った選択をしようとしていた。


どうしてこういつも、大事なことに気がつけないのか。




山「…もう、なんで泣きそうなん、」

『すみませっ、なんか、』


こんなにも、俺の周りにいる人は俺を正しい道に引き戻してくれる。
そんな人を、やましょーさん含め周りにいるみんなを、


樹を、


大切にしなきゃいけないんだ。


山「…後悔しちゃだめだからな。」

『っ、はい、』


涙で視界が滲んでいたから、やましょーさんが俺の頭を撫でようとした手を、途中で降ろしてしまったことなんて気が付かなかった。

着替えてこい、と背中を押されて、お礼を言った俺は振り返らずに楽屋へと走った。



山「…好きな人があほって、大変。」








゚・*:.。..。.:+・゚゚・*:.。..。.:+・゚

夏風邪→←数十分前


作者の呟き

リンクちゃんと貼れてなかったごめね


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (102 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
366人がお気に入り
設定キーワード:THERAMPAGE , 藤原樹 , BL   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白湯(プロフ) - トマトさん» ありがとうございます。完結まで行きつけたのは読者の皆様のおかげです…!本当にありがとうございました。明日辺り、しょへさんのお話をあげる予定ですので、楽しみにしていてください♪ (12月15日 22時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
トマト(プロフ) - 完結まで書いていただきありがとうございます!途中切なすぎて、本当に泣きました…このお話大好きです!!!山彰さん北人さん海青さんしょへいつのその後も全部気になります…お時間ありましたら書いていただけると嬉しいです!! (12月15日 19時) (レス) id: 30ecbafb1c (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - さーきーさん» ありがとうございます。色々書きます!完結できたのも読者様のおかげです。本当にありがとうございました。もう少し、お付き合い下さい。 (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - ゆあらむさん» ありがとうございます。楽しんでいただけて何よりです、!続編、前向きに検討させていただきますね。その時はまたよろしくお願いします。笑 (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)
白湯(プロフ) - Kerooさん» ありがとうございます!拙い文章にもお付き合いいただきありがとうございました!そう言って頂けると作者調子に乗ります…笑、お楽しみに♪ (12月13日 8時) (レス) id: d5016db2f4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白湯 | 作成日時:2020年10月18日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。