占いツクール
検索窓
今日:86 hit、昨日:40 hit、合計:69,851 hit

第93話 ページ4

No side


シンガポール沖合の海上を、巨大タンカーが進んでいた。
時速27キロ程で進むタンカーの後ろから、小型ボートが猛スピードで迫ってきた。
ボートの中には武装した海賊達が数人乗っており、一人の男がタンカーの手すりに梯子をかけ、海賊達が次々と甲板に上っていった。

海賊「手を上げろ!」

操舵室の扉を勢いよく開け、船長達に銃を突きつけた。
あっという間に制圧された操舵室の中に海賊の親玉らしき男が銃を構えて入ってくる。
それは、明け方レオン・ローと会っていた長髪の男だった。



その頃ー

自宅に戻ったレオンは執務室の応接セットで中富禮次郎と向かい合って話をしていた。

レ「君とはよくよく縁で繋がっているな。この計画が成功した暁には、互いにパートナーだ」
禮「よろしく頼むよ。アンタには随分と世話になった。盗みの疑いをかけられて連れていかれそうになった俺を、アンタが助けてくれたのが最初だった。それからもまぁ色々とな」

当時、高級レストランで金持ちの男から盗みの疑いをかけられ、揉めていた禮次郎を、偶然居合わせたレオンが間に入って助けたのだ

レ「君があの中富禮次郎とわかったものだからね。日本の海運王と呼ばれた、中富十三の息子の…」
禮「親父の名前は口にしないでくれ!」

急に不機嫌になった禮次郎にレオンは眉をひそめながらも笑みを浮かべた

レ「おっと、これは失敬。いずれにせよ、今夜で全てが変わる。その瞬間を間近で見物するのはどうだい?」
レ「さぁ共に行こう。シンガポールの歴史に刻む1ページの目撃者となるために」

第94話→←第92話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (67 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
344人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 黒羽快斗 , 怪盗キッド
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

美紀 - コナン大好きです最高ですコナンと新一大好きですこの映画大好きですこの映画の主題歌を大好きな三代目の臣君が歌ってたので3回も見ました (7月8日 14時) (レス) id: a31ea93868 (このIDを非表示/違反報告)
如月葵(プロフ) - アニメLOVEさん» リクエストありがとうございます!早速お話を考えてるAnotherストーリーの方に載せます! (6月24日 18時) (レス) id: f641bd2ac0 (このIDを非表示/違反報告)
アニメLOVE - リクエストで釈放されたリシくんと再開させてください!続編楽しみにしています! (6月23日 23時) (レス) id: 539a424d8d (このIDを非表示/違反報告)
くろば - めちゃくちゃ面白かったです!!続編も期待してます!!\(^o^)/ (6月23日 22時) (レス) id: e8f20f4464 (このIDを非表示/違反報告)
如月葵(プロフ) - ゆうみんさん» ラブラブですよね〜羨ましい← 新一は幼児化のせいでなかなか蘭と新一として一緒にいられないですからね〜快斗・夢主カップルに少〜し嫉妬してるかもしれませんね(笑) (6月23日 22時) (レス) id: f641bd2ac0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:如月葵 | 作成日時:2019年6月17日 5時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。