検索窓

.









その目も、その手も、

髪につく煙草の匂いも好きでした。









______________________________





どうにも懲りない紅っこう飴です、どうしてもネタを消化したくて…私にしては珍しく原作通りです。

すぐ完結します。






◤◢◤◢注意◤◢◤◢

殉職
・捏造小話
・松田母は存在設定(調べてもご存命なのか分かりませんでした)
・とある素敵な曲を松田陣平で解釈しました(決して貶すような意図はありません)
・携帯電話はガラケー
・自己満足作品




.

本作品にはパスワードがかかっています。
パスワードを入力して作品を閲覧して下さい。
パスワードが不明の場合は作者の方にお問い合わせ下さい。
 パスワード:  
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紅っこう飴 | 作成日時:2022年7月24日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。