検索窓
今日:9 hit、昨日:37 hit、合計:51,384 hit

居住5日目 ページ6

[松田陣平side]





「ふぁあ…」








運転席から助手席へ移動しアイツが住んでいるマンションの入口を見張る。




向かいの雑居ビルは吹き飛んだ階が真っ黒に焦げたままだ。




その上下の階の天井も少し焦げ付いているのを見ると、かなりの量の火薬が使われたらしい…

普通なら死人が出るほどの威力だが、爆発された階はテナントになっていて被害者がゼロだった。









しかし、今度の爆発は犯人からの予告も声明も何もねぇと来た…どうも匂うな。










「ん?何しに降りてきたんだ、アイツ…」








入口から誰か出てきたと思えば、今度の警護を任されたAAが俺の居る車へ向かって走って来た。

その手には紙袋を持っている。








「なんだ?まさか本当に眠れねぇってんじゃねぇだろうな…?」

『違いますよ!もしかして、ご飯食べてないかと思って…よかったら…どうぞっ』







開けた窓から紙袋を差し出される。

それを受け取り中を見ると蓋付きのタンブラーと、包まれた箱のような物…弁当箱か?








「なんだ?コレ…」

『カレーライスとコーヒーです。カレーは私の手作りなんで味の保証はしませんが…コーヒーは良い豆を使ってるので美味しいですよ!』








タンブラーを取り出し飲み口を開けると、コーヒー豆のいい香りが鼻を掠めた___








「…コーヒーでカレーを食えってか?」

『そう言うと思って、お茶も準備してますよ』








そう言うと、窓からペットボトルの茶を取り出して俺に渡してきた。








「……ありがとよ、後で食うわ」

『はい、どうぞっ!』









最後に「おやすみなさい」と言ってアイツはマンションへ戻って行った、自分の命が狙われてるかもしれねぇってーの他人に差し入れなんざ…お気楽なもんだな。






紙袋から弁当箱を取り出し包みを開く、弁当箱の蓋を開ければカレーの美味そうな匂いが車内に広がった。


人が作った飯なんざ何時ぶりだ…?








「……美味ぇな、このカレー」

居住6日目→←居住4日目



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (206 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
882人がお気に入り
設定タグ:名探偵コナン , 警察学校組 , 赤井秀一   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

紅っこう飴(プロフ) - まみこさん» まみこさんコメントありがとうございます!面白いと言っていただけてとても嬉しいですし、愛してるなんてとても…嬉しいと恥ずかしいで爆発しそうです…!頑張って更新していきますのでどうぞお楽しみください! (7月9日 22時) (レス) id: c06d7fa039 (このIDを非表示/違反報告)
まみこ(プロフ) - あと、私この作品愛してます!! (7月8日 20時) (レス) id: 9d3f4398ec (このIDを非表示/違反報告)
まみこ(プロフ) - とても面白いです!!更新頑張ってくださいね!! (7月8日 20時) (レス) @page12 id: 9d3f4398ec (このIDを非表示/違反報告)
紅っこう飴(プロフ) - かさみさん» かさみさんコメントありがとうございます!また、当作品を面白いと言っていただき大変嬉しいです。更新への活力になります、次回更新も楽しみにして頂けると幸いです。 (7月1日 18時) (レス) id: c06d7fa039 (このIDを非表示/違反報告)
かさみ - 面白いです! (7月1日 17時) (レス) id: 66f1367519 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紅っこう飴 | 作成日時:2022年6月24日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。