占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:2,565 hit

部活 ページ20

りかside

部活に行っている途中にららにあった。

ららと言うのは私の親友、ららには入院してることも、私が病気って言うのも言ってない。

りか「らら、おはよう。」

ららは、とても驚いていた。

らら「りかおはようどころじゃないよ。何で部活ずっと休んでたの?」

ららに、大きな声でいろいろ聞かれた。

ららには、病気の事を言うつもりはない。

りか「ごめんね。いろいろ用事があってね。」

らら「なんだ、めっちゃ心配してたんだよ」

りか「本当ごめんね。」

らら「そろそろ部活始まるから行こう」

りか「うん!」

個人基礎の時間りかは不安だった音がでるか。

フルートを吹いてみた。

  ♪〜〜

きれいに音が出てホッとした。



りかは、コンクールの曲を練習し始めた。



10分後、少し練習しただけなのにとてもきつかった。



りか「あれ?なんか少しだけしかしてないのにめっちゃきつい。ヤバイ」


らら「なんか、顔色悪いけど大丈夫?」


りか「ららヤバイ、めっちゃきついんだけど」


らら「保健室行く?」


りか「行かない。」


らら「大丈夫?」


りか「どうにか…」


合奏の時間になった、みんなでコンクールの曲を吹いて先生に見てもらっていた。




りかは、コンクールの曲を吹いてる途中の記憶しか覚えてない、覚えているのは目をあけたらそこは病院だったことしか、わからない。





演奏中にりかは、倒れた。
 

何で?→←久しぶりの部活



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ねこねこ | 作者ホームページ:ねこねこ  
作成日時:2017年8月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。