占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:24 hit、合計:6,472 hit

.続き ページ10

な「だって俺はもう死にかけだったから!」

白「その前になにか言われなかったですか?」

な「えっ……」

黒「お前の相棒たちだよ。止めてくれただろ?「やめとけ。」「一人で行くな。」「俺も行く。」って。でもなんでお前は1人で行った?」

な「だって迷惑かけたくなかった!みんなを傷つけたくなかった!」

白「一人で行く方が"みんな"の心を傷つけてたんじゃないですか?」

な「!?でも!もう今更気づいたって遅いよ!」

黒「そうだよな。だってお前はもう死に"かけ"なんだからな〜」

な「待って、死にかけって何?俺まだ死んでないの?」

白「はい(*^^*)あなたがもう一度生きたいと感じてあそこまで走れたなら生きれます」

な「!?嘘っ……まだ俺にチャンスがあるの?」

黒「人のことを思ってとった行動だから神様がチャンスをくれたんだ。」

白「さぁ、あそこまで走ってください」

黒「彼女の元へ帰りたいんだろ?」

な「ああ。ありがとう。白、黒。」

白「頑張ってください!!」

黒「もう来んなよ!!」

な「うん!」

それから俺は頑張って走った。

息を切らせながら走った。

なんkmくらいだろう

遠いな……でもせっかくくれたチャンス。

逃したくない!

いつの間にか目の前の景色は薄れ、目を覚ますと、白い天井が写ってた。

生き返れたんだ。

良かった。

『ななくん?ななくんが起きた!!!!!』

愛おしい可愛い声。

な「ただいま。A。」

『おかえり!』ニコッ

可愛い笑顔だな〜。

良かった。

また君がそばにいる。








な「大好き。A」


Ver.ななもり。END

作者でぇ〜す→←組長の恋のお話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
26人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , 死ネタ , ヤンデレ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

AYANAダヨォ☆?(プロフ) - 吹雪蘭丸2さん» リクエストありがとうございます!いいですね!それ書いてみますね! (5月2日 6時) (レス) id: c926b5b02a (このIDを非表示/違反報告)
吹雪蘭丸2(プロフ) - リクエストって言うのかな?案出しますね!例えば、な組設定で敵から夢主ちゃんを庇って傷を負ってはしにそうな感じで…みたいのはどうですかね?図々しいですかね、すみません汗 (5月1日 13時) (レス) id: cab636fc5c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きら | 作成日時:2019年4月18日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。