占いツクール
検索窓
今日:42 hit、昨日:38 hit、合計:5,909 hit

8/4 ページ1

椅子に座り、出した絵の具に俺が持っている筆を付けて。
目の前にある真っ白なキャンパスに色を塗る。適当に自分が好きな色を何も考えず
塗られていく真っ白だったハズのキャンパスは色を得る。でも、テーマも無ければ形にもならない。


『……ふぅ』

描き終えた作品を見て。俺は、額に流れた汗を袖で拭う。
今は8月。とても、熱気だっていて。もう半分もないペットボトルに入った水を飲んだ

「あーー!!また、描いてる……」

耳元で叫んできたのは、俺の先輩で。
綺麗な黒髪の、笑うと可愛くて。俺とは友達とかって関係ではなくて。
ただ、描いてるといつの間にか現れて。初めて部室内で勝手に描いていたら。俺の絵を見て、褒めてくれた先輩だ。


その先輩に俺は、ハハッ。見て下さい。と先程描き終えたものを見せた。
先輩はおお〜!!流石だね。なんて褒めてくれる。


作品を見れば黒、赤、青、オレンジと主張の強い色ばかりが塗られている。
それを見た先輩は俺の顔を見たあと。
先輩の額に手を指さして

「色、付いてるよ」

と指摘された。えっ!?と思いながら。美術室にある鏡を確認すれば。右目の下頬に、黒の絵の具がビッシリ付いていて

『うわっ。恥ずかし。』

ゴシゴシと、持っているタオルで拭いた。
そんな事をしていれば

キーンコーンカーンコーン とチャイム音が鳴り響く

「あー。鳴っちゃったねー。また、明日だね。後輩くん」

と言われ

『そ、そーすね!!』

俺は先程の恥ずかしさで、たどたどしくそう返す。でも先輩は変わらず笑っいて。また明日ね。と言ってくれた。

8/5→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (117 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
19人がお気に入り
設定キーワード: , 美術室 , 男主 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

この作品にコメントを書くにはログインが必要です   ログイン

「 」(プロフ) - でででででんさん» ありがとうございますッ!!素晴らしい作品なんて……。すごい嬉しいですッ!!! (7月9日 21時) (レス) id: 57ba460a5b (このIDを非表示/違反報告)
でででででん(プロフ) - あ…ぁ…え、こういう感じの大好きです!面白かったです!語彙力無くてすみません……素晴らしい作品を有難うございました!! (7月9日 21時) (レス) id: ff25803fe7 (このIDを非表示/違反報告)
「 」(プロフ) - flamingoさん» コメントありがとうございます!!!ホントですか??私も書いていて好きだったんですよ……!!ありがとうございます! (7月6日 0時) (レス) id: 57ba460a5b (このIDを非表示/違反報告)
flamingo - もっと見ていたかった、、、後輩と先輩のやりとり好きだったのに、、、お疲れ様でしたー!! (7月6日 0時) (レス) id: e86cc04957 (このIDを非表示/違反報告)
あまね(プロフ) - え……女の子…? (7月5日 9時) (レス) id: 281ffc04ed (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:「 」 | 作者ホームページ:Twitter…3onepiece15  
作成日時:2020年6月29日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。