占いツクール
検索窓
今日:303 hit、昨日:1,518 hit、合計:59,279 hit

お茶1杯目 ページ1




その日、俺はいつもの四人で任務に出かけていた。
その任務で倒すはずだった鬼は強敵で、癸の俺たちじゃ太刀打ちできなかった。


『くっ!!…二人とも、動けるか!』

「当たり前だ!!」

「ヤダヤダヤダ!!」


『っ…不味い!!』

「「炭治郎!!?」」

相手の罠にハマってしまった瞬間、相手の血鬼術が俺を殺そうとした。
死んでしまう、そう悟った。

その時だった。



「夢の呼吸・壱の型、夢縁」


ズバッ

と音を立てて鬼の首が落ちた。
目を丸くした俺達の前に立っていたのは綺麗な黒髪も持つ男性だった。
その男性は俺の前まで駆け寄ると手を差し伸べてくれた。手を出すと優しく包み込み立ち上がらせてくれた。


『助けてくれてありがとうございます!!』


「いや、無事でよかった!…じゃないね、怪我が酷い…遅くなってごめんよ」


『ぁ、…確かに』


「そうだ、蝶屋敷に行こうか。行こうと思っていたから丁度いいしね」


『は、はい』

御館様のように心地よい気持ちになる。
誰なんだろうか、この人は…。
まるで聖母のようにあたたかい微笑みを浮かべている。

「さてと、行こうか」

ゴスッ

と先程落ちた鬼の首よりも重い音がなった。
そう、目の前の男性が転んだのだ。


『えぇえ!!?だ、大丈夫ですか!!?』

「あはは、平気だよ」

笑っているが結構な音がした気がする。善逸はなんだコイツという目をしているので手刀を食らわした。こんな災難に何回か会いながら、ようやく蝶屋敷についた。
もはや、俺たちの怪我より転んだ彼の方がひどい怪我なするが…


「あれ、炭治郎さ……彩夢(あやめ)様!!?な…ど、どうしたのですかその怪我!!まさか、鬼に!?」


「いや、転んで」

「またですか!!?」

『ま、またなのか…』


どうやら、彼は転ぶことがよくあるらしくアオイさんも心配を通り越して呆れ顔になっていた気がする。
そんなこんなで手当をされた俺達と男の人。
骨が折れていると言われた俺はベットに寝ることになるらしい、善逸や伊之助も今回は肋が折れている。三人とも安静だ。


「竈門くん、だったかな?」

『あ、はい』

「怪我をしたらおまじないをするといいよ」

『?、まじないですか?』

「そう、痛いの痛いの飛んでけー…ってやつ!じゃあね」

そう言って出ていこうとする男性、慌てて声をかけて名前を聞いた。



「…僕の名前は、彩夢A、柱だよ」


『「え゛…柱!!!?」』


その叫び声は蝶屋敷にこだました。

お茶2杯目→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (302 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
651人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 原作ぶち壊し
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

夜桜(プロフ) - カリエンテさん» ほんとだ、なおします!!w (9月20日 11時) (レス) id: e44c1f3d42 (このIDを非表示/違反報告)
カリエンテ(プロフ) - お茶7杯目のページで 鬼殺隊→帰札隊 になってます! (9月19日 22時) (レス) id: ae23db6648 (このIDを非表示/違反報告)
夜桜(プロフ) - 慎也さん» 有難うございます!!!ゆっくりですが頑張ります!! (9月16日 16時) (レス) id: e44c1f3d42 (このIDを非表示/違反報告)
慎也(プロフ) - 俺結構この小説大好きです!続き楽しみにしてます。 (9月16日 16時) (レス) id: 945a2937a6 (このIDを非表示/違反報告)
夜桜(プロフ) - 松野かほさん» 仲良く!!?したいです!!!宜しいなら、勿論!!(食い気味)面倒じゃなければボードに来ていただけると有難いです。無理でしたら私が行きます!! (9月3日 16時) (レス) id: e44c1f3d42 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:夜桜 x他1人 | 作成日時:2019年8月29日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。