占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,528 hit

日常 ページ14

先「はーい、次の問題を〜木兎くんお願いね〜」

あの合宿から、3週間がたった。
私のモチベーションは復活し、京冶をはじめ皆も良かったと言ってくれる。

先「木兎くん!!」

『先生は産休の山中先生の代わりで入ったんだっけ?』

先「そ、そうよ…?」

『じゃー、ちょっとうるさいけど木兎起こすね』

先生は、は?っていう顔をしている。

『おーい、木兎〜お前、代表落ちだってよー』

木「はあああ?!やだ!!!」

『はい、分かったらさっさと起きるー』

先「じ、じゃあ木兎くん、問2をお願いね。」

木「んー?どれだぁ?あかーし〜」

『こーこ。』

木「どーこ?」

女「あれで付き合ってない…」

男「距離感ってのが近いんだよな…あの天才児二人は。」

木・赤「『ん?』」

__________________
〜昼休み〜

『って事があってさあ〜』

木「それはまた、いつもの事だろ?」

『ほら、産休に入った数学の山中先生いるでしょ?アレの代わりに入った鈴乃先生、木兎の扱いに慣れてなくてさあ〜。めっちゃビクビクされた、怖がられたわ、ありゃ。』

猿「いや、まあ木兎を起こすには脅迫するしかねぇしなあ…」

小「毎度毎度、先生たちは大変だよなあ」

鷲「まあ、どう起こすのかを教えたのは…」

木「赤葦姉弟なんだけどな…」

2人『「ん??」』

赤「…まあ、確かにそうですね。木兎さんを起こすのにはハイリスクを伴います。」

木「あれ、そんなに深刻??」

『毎回、大声だすからねえ…中学から変わんないわ…』

猿「あー、そっか。赤葦姉弟は中学からアイツと同じか〜」

小「そして、当の本人は…」

鷲「今頃、夜中監督に怒られてんじゃねぇのか??」

『………』モグモグ

__________________


『木兎をキャプテンに、ですか…』

夜「副主将は、お前の弟に任せる。どうだ?俺としては最高のペアだと思うぞ。」

『面白そうですね!!いいと思います!!』

夜「木兎には3年が卒業する、3月前には言っておく。」

『分かりました。』

__________________


『卒業かあ〜』

小「どうしたんだよ、赤葦。あと一年あんだろ?」

『先輩たちがってことよ。あと2ヶ月??』

鷲「早いもんだな…」

木「そして、同時に赤葦弟が入学して1年にもなるってことだな」

赤「そうですね」


卒業…か。

1→←帰り道の後悔


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

ラッキーカラー

あずきいろ

ラッキーナンバー

8

ラッキーアルファベット

X

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.5/10 (4 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 赤葦京治、木兎光太郎 , 及川徹   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:御名環 | 作者ホームページ: http://uranai.nosv.org/u.php/hp/092710021/  
作成日時:2018年2月24日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。