検索窓
今日:257 hit、昨日:336 hit、合計:64,520 hit
| CSS






「ショッピくん婚約者とかいたんやな、なんやロマンチックで羨ましいわぁ」

「いやいや、許嫁とか古いでしょ」

ずっと好きだった彼の何気ない一言は、私の心を抉るのに十分過ぎた。




アテンション

・この作品は二次創作です、ご本人様とは一切関係ございません。ご本人様の迷惑になる行為はおやめくださいませ。
・ここから先は自己責任でお読みください、読了後の苦情は一切受け付けません。
・他の人が不愉快になるようなコメントはお控えください。誹謗中傷、荒らしもちろん禁止です。
・検索避け済み。コメント欄でもご本人様のお名前を出すのはお控えください。
※エセ関西弁
※作者は今の時代に許嫁文化があるかどうかは全く知りません。
※登場したショッピくんの誕生日は架空のものです。(一応初登場日です)



執筆状態:完結




























おもしろ度の評価
  • Currently 9.91/10

点数: 9.9/10 (217 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
603人がお気に入り
設定タグ:wrwrd! , shp
関連タグ:zm , rbr , 実況者 , unei , tn , d!
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:甘宮 | 作成日時:2022年8月22日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。