占いツクール
検索窓
今日:840 hit、昨日:7,683 hit、合計:342,745 hit

ココアで私を温めて ページ13

.




────お前、今日は学校休め。



思えば、何であの時に否定しなかったのだろうか。
来てくれた友達に悪いと、そう強く言わなかったのか。








『(そりゃこんな所に来るなんて思いもしなかったからだろうよ…)』

目の前に聳え立つ、大きな立派な門を見上げて思う。



あれから私は何故か仕立て屋に連れていかれ、若草色の着物を着せさせられた。しかもかなり上等の。


最後のお会計時にパパが小切手を渡していて怖くなった。

親バカなのかそれとも見せ物にしたいのか、どっちなんだろう。どっちでもいいけどとりあえず怖い。





隣に居るパパは、何の変哲もないものであるかのように、堂々と立っていた。

しかも高そうな深緑の着流しを身にまとい、いつものだらしなさはどこへ行ったのか凛としている風に見える。




やがてその門はギィイィ……と音を立て開いた。その先には、使用人らしき人々が頭を下げていた。

「「「お帰りなさいませ」」」

「ん」

これだけの人数に「お帰りなさいませ」と言われてもたった一言。しかも「ん」。パパ黒メンタル強すぎでは…????





パパは使用人たちの間を通っていく。


慌ててそれに着いていくも、歩幅が大きすぎるということと着慣れていないということもあるせいで中々追いつけない。

娘をもっと気遣ってよパパ!!!パパ、パ……おい待てやゴルァ!!!!(ガチギレ)




『パパ、待っ……早いよ!』


「ここではお父様な。あと口調と仕草も気遣え。

今じゃなくていいが、部屋に入ったら敬語やら何やら使え。仕草一つ一つに気をつけろ。あのジジイ共はそーいうのにやたら敏感だからな」


『え、あっ…分かっ、た』



そう返すと、パパは満足気に「よし。」と言う。それから立ち止まり手を差し出した。

手を取れということか、とその手に手を重ねれば急な浮遊感に襲われる。気づけば、パパに抱きかかえられていた。



『………????』

「…っは、間抜け面。」



パパはニヤリと笑っては、私の鼻をつまむ。

それから流れるような動作で、ポンポンと不器用な手つきで頭を撫でて「落ち着け」と力強く主張した。





「…コレ終わったらどっか食いに行くか」

『、ほんと?じゃあ、えっと、…パ…お父様の手料理を食べてみたいな!』

「外食じゃねぇのかよ…、まぁ任せとけ。めちゃくちゃウメェの作ってやる」

『…!んふ、楽しみにしてるね!』



そうはにかむと、パパは黙ってまた撫でた。

何せ鳥籠育ちの箱入り娘ですから。→←気まぐれな猫がにゃあと鳴く



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (926 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3573人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 伏黒甚爾 , 五条悟・夏油傑
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もなか(プロフ) - すごく面白いです!更新楽しみにしてます! (3月5日 11時) (レス) id: f76d22c821 (このIDを非表示/違反報告)
- 孔詩雨ではなく孔時雨ですよ (3月4日 0時) (レス) id: be99c0bfdf (このIDを非表示/違反報告)
ロイド・リリー - ヤァダァ…好きでしか無いです!気長に更新待ってます (2月28日 22時) (レス) id: 20dc08c091 (このIDを非表示/違反報告)
ぴえん - 更新まってます。無理せずがんばってください!! (2月25日 1時) (レス) id: cc5bbc3067 (このIDを非表示/違反報告)
透真 - 伏黒パパが、更正したら良いお父さんになりそうですよね~。夢主頑張って感じですね!!! 更新楽しみにしています。(*^-^*)♪ (2月20日 3時) (レス) id: b8cb4c9ad0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:イケメンになりたい。 | 作成日時:2021年1月13日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。