占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:9 hit、合計:68,308 hit

209.これでええんや。勇人side ページ21

. .

【続】



勇人side









「…おまえ…」

A「…あ、」









まさかAの口からそんな言葉が出るとは
思わんくて。







「…ごめん、俺行くわ。ちゃんと飯食えよ」

A「えっ、勇人…さん!!!」









…あかん。

これ以上話しても多分意味ないわ。



きっと長さんは知ってる。
けど…多分俺は聞くべきことじゃないんやと思う。

だから今はそっとしとく。









監「勇人??何してんだ」

「あ、お疲れ様です」

監「お前飯食ってないだろ。」

「忙しくて…。
 あとでルームサービス頼んどきますよ」

監「そうか。」







…監督に聞いてみるのは…

って。知らんか。



まあ、一応、








「あの、」

監「ん?」

「A、って何かあったんすか?」

監「A?…あーー。まぁね。」

「え!何があったんすか?」

監「それは本人に聞きな。じゃあ俺は行くから」

「えー…」









何か逃れるようにして行ったけど、
なんでみんな隠したがるん?



あーーー。

気になる。むずむずするーー。








.









.








…〜♪





【水野A】か。









「もしもし」

" こんばんは。こんな時間にすいません。 "

「ええよ、どしたん?」

" いや、さっき…の。 "

「あー」

" すいませんでした、かっとなっちゃって。 "

「別に気にしてへんよ。」







…そんなん嘘。

正直、めっちゃ不安やった。

この電話のディスプレイを見た瞬間、多分舞い上がってたしな…(笑)








" いっつも迷惑かけてすいません。 "

「うんん。迷惑なんか思ってへんから」

" …あの、これは自分自身のことなのでできれば
 自分で解決させたいんです。あのときはどうしよ
 うか迷いすぎて長さんに言っちゃいましたけど "

「うん。そーやんな」

" でも私の野球人生に関わることです。だから勇
 人さんにも絶対に話します。けど今は……。 "

「わかってる。いつでもいいから」








できるだけ優しい口調で。

傷をえぐらないように。



それが俺にできる精一杯のことやから。








" WBCから笑顔で勇人さんが帰ってきてくれたら
 必ず話します。 "

「…笑顔でって…(笑)
 遠回しに世界一になってこいって言ってるやん」

" 当たり前じゃないですか!期待してますから "

「…うん。頑張るな」









そしてもう次の日から、
Aは俺らとは別に個人練習にうつった。

210.華。→←208.もうわかんない。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
357人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

yuka(プロフ) - いつも楽しくこの作品を見ております。突然ですがこの作品のΔ呂匹海砲△蠅泙垢? (4月7日 5時) (レス) id: e527375542 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:な つ き | 作成日時:2017年11月23日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。