占いツクール
検索窓
今日:17 hit、昨日:3 hit、合計:44,652 hit

一か八か ページ32

不気味に笑いながら、東郷は私からナイフを奪おうとしてくる。

私は避けるのに必死で、相手を刺すことが出来なかった。

十「姉さん!がんばれぇぇぇ!」

十四松、ありがとう!!

お「みんな、騙されんなよ!こいつは…きっと、自分だけ助かろうとしてんだよ!」
チ「で、でも…」

おい六つ子(天使除く)黙っとれ。

東郷「どうしたんだい?」
あ「っ!」

東郷がため息をついた。

東郷「こんなことしたくなかったけど…」

東郷が私の腕を思い切り掴む。

あ「んなっ!」
東郷「君が悪いんだよ」

ナイフが私の心臓近くを刺した。

あ「うっ…!」

苦しくて息ができない。鮮血が吹き出す。

東郷が弟たちにナイフを向ける。

弟たちに手を出すな!

そう言いたいのに、言葉にならない。

あ「ぉとっ…に…てぇ、だす…」

私はポケットにハサミを入れていたことを思い出した。

そして、動かない足を引きずり、苦しさに喘ぎながら──

東郷を押し倒し、あいつの喉元めがけてハサミを振った。

彼の喉元から鮮血が溢れ出る。

東郷「ああっ、ああああああああああああああああああああああああああああああああ!」

東郷が苦しさにもがき、痙攣して口から泡が溢れ出す。

そして彼は、動かなくなった。

私は十四松の縄を解き、

あ「はや…く、みんなのなゎ、をぉ…」

十四松が頷き、みんなの縄を解いてく。

だんだん視界がぼやけて…ああ、痛みも感じない。

十「姉さん!しっかりしてよ!!」

十四松が私の手を握る。

十四松は、私のことを最後まで信じてくれてたんだね。

おそ松たちも、恐る恐る私に近づく。

私は最後の力を振り絞り、声を出した。

あ「私の…部屋にある、紙を読んで。ぁとね、みんながいて、私…しぁわせだった、よ…今まで、ぁりが、と…」
十「そんな事言わないでよ、姉さん!」

十四松の声を聞きながら、私は…。

何も見えなくなった。

みんな、ありがとう…。

もし生まれ変われたら、

今度こそ、幸せになろうね。

遺書→←決意



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (67 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
59人がお気に入り
設定キーワード:おそ松さん , 唯那
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

唯那(プロフ) - 333さん» どうもご指摘ありがとう^^*不愉快かぁ…。じゃあリクエストで作ってる続きが終わったら消すって約束するよ。さすがに読者様のリクエストを途中で放棄するわけにはいかないからね (3月20日 17時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)
333 - 原作のキャラを悪くする物多いよね〜作品履歴見たけどさ、やめてくれない?不愉快極まりないんですけど(笑) (3月20日 9時) (レス) id: d387413441 (このIDを非表示/違反報告)
唯那(プロフ) - 神城靈夢さん» めっちゃ照れちゃいますヽ(*´∀`)ノ (3月4日 21時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)
神城靈夢(プロフ) - 唯那さん» リクエストまだ途中だけど書いてくれた〜神だぁぁぁぁ←神だぁぁぁぁ以外言えん神以外の何でもない! (3月4日 19時) (レス) id: b49d880b95 (このIDを非表示/違反報告)
唯那(プロフ) - 神城靈夢さん» (´∀`*)ウフフ (3月4日 19時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:唯那 | 作成日時:2017年1月14日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。