占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:6 hit、合計:44,710 hit

食い違い ページ13

おそ松視点

朝起きた時、姉さんの姿は無かった。弟たちに聞いても、知らないと首を横に振るばかり。

すると、十四松がある紙を見つけた。

十「兄さんたちー!変な紙見つけたッスよー!」

姉さんの字だ。俺は十四松から紙を借りて、読み上げた。

お「我が愛しの弟たちへ。君たちが起きた時、私は既に家に居ないでしょう」

『私が家を出た理由は言えません。だけど、家族が嫌いな訳じゃないから安心してください。あ、お母さんも詳しくは知らないから。本当にごめんね。さよなら。また帰ってくるから』

お「なんだよ、それ…」

弟たちもみな、泣きそうになっていた。

チ「どういうことだよ…」
ト「昨日の質問って、こういうことだったの?」
一「嘘…」
カ「my sister…」
十「姉さんどこいったんすかー!!」


姉さんがいなくなってから二日。あんなに騒がしかった部屋が、一気に静かになった。

重い足取りで教室に向かっていたそのとき。

オ「おい、お前ら松野だろ」

と声をかけられた。

あ「あ゙あ゙?誰だテメェ」
オ「お前らにいいこと教えてやろうか」

俺たちはそいつについていった。

向かった先は、屋上。

オ「あいつ、失踪しただろ」
一「なんでアンタが知ってんの」
オ「それは秘密。あいつらがお前らのことなんて言ってたか知ってる?」

みんなの息を呑む声が聞こえた。

オ「あいつ、お前らのこと迷惑だ、って言ってたぜ?」
お「…」

オ「なんか、同じ顔が六つあってウザイし、その分長女の私が頑張んなきゃいけないしね?ほんっっっとに嫌い。この世で一番嫌いかも?って言ってたぞ」

俺はあいつに殴りかかった。だが、その手はかんたに止められてしまう。

オ「おいおい。俺は嘘ついてないぜ?あいつが失踪したのも、お前らがウザかったからじゃねえの?」

そういいってそいつは立ち去った。

俺の心は、姉への嫌悪感でいっぱいだった。

その日から俺たち六つ子は、

Aのことが嫌いになった。

感謝と宣伝→←遠い所へ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (67 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
59人がお気に入り
設定キーワード:おそ松さん , 唯那
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

唯那(プロフ) - 333さん» どうもご指摘ありがとう^^*不愉快かぁ…。じゃあリクエストで作ってる続きが終わったら消すって約束するよ。さすがに読者様のリクエストを途中で放棄するわけにはいかないからね (3月20日 17時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)
333 - 原作のキャラを悪くする物多いよね〜作品履歴見たけどさ、やめてくれない?不愉快極まりないんですけど(笑) (3月20日 9時) (レス) id: d387413441 (このIDを非表示/違反報告)
唯那(プロフ) - 神城靈夢さん» めっちゃ照れちゃいますヽ(*´∀`)ノ (3月4日 21時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)
神城靈夢(プロフ) - 唯那さん» リクエストまだ途中だけど書いてくれた〜神だぁぁぁぁ←神だぁぁぁぁ以外言えん神以外の何でもない! (3月4日 19時) (レス) id: b49d880b95 (このIDを非表示/違反報告)
唯那(プロフ) - 神城靈夢さん» (´∀`*)ウフフ (3月4日 19時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:唯那 | 作成日時:2017年1月14日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。