占いツクール
検索窓
今日:29 hit、昨日:90 hit、合計:28,094 hit
俺には、忘れちゃいけない人がいる。

鬼になった俺に唯一残った、微かな記憶。

『お前は派手に強い。流石俺の自慢の...__』

その人を忘れてしまったら、俺はきっと本当の意味で鬼になってしまう。

「.......天元、様...」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー執筆状態:連載中













おもしろ度の評価
  • Currently 9.87/10

点数: 9.9/10 (119 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
486人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 男主 , 宇髄天元
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - とても面白かったです、更新頑張ってください!! (3月21日 6時) (レス) id: b9d0ac7fe6 (このIDを非表示/違反報告)
油性(プロフ) - ゆたうささん» コメントありがとうございます!!更新頑張ります! (2月16日 21時) (レス) id: be31b72efa (このIDを非表示/違反報告)
ゆたうさ(プロフ) - 続きが気になります。更新がたのしみです! (2月16日 21時) (レス) id: c39eaef263 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:油性 | 作成日時:2020年2月16日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。