占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:5 hit、合計:39,476 hit

★疑問 ページ13

Aside

彼はスマホを耳に当てながら私の方を見て会釈をしたから

私は彼の方を見て手を振った。



すると彼は話しながらスマホを耳に当てて部屋を出ていった。









彼がいない間に日記でも書くかー








30分くらい経って、彼が帰ってきた。


こ「ごめんね。話の途中で」


貴「ううん、大丈夫。
ほら見て、日記書いてみたの。」


こ「ほー、そっか見てもいい?」


貴「えー?嫌だ、中は見せないー」


こ「えー、じゃあいいや見ーないー」


こんなやり取りをして2人で笑いあった。









楽しいと思うのと同時にこんな疑問が生まれた。

こんな短時間でこんなに仲良くなれるのはどうしてだろう?…




元々は初対面じゃないのは分かっている。

でも、今の状態では私は彼と今朝初めて会った。




私は知らなくても彼は私の扱い方を知っている。

そういうことだろうか…。




知ったら行けない気がする。

でも知りたいんだ。

彼は一体何者なのか…私とはどういう関係だったのか…









こ「Aー、そろそろご飯にしない?」

貴「もうそんな時間?って、もう5時か…」

こ「僕が作るよ!」

貴「え?料理できるの?」

こ「なんだよその言い方ー、出来ますけどぉ!」

貴「ごめんごめんwじゃあ楽しみに待ってます!」

こ「まってろよぉ!」









この会話だって…


まるで恋人みたいだ…

☆思い出の料理→←☆メールの内容は…



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (44 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
137人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , ころん , 長編   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あやめ。(プロフ) - かしわもち「ひよこ」さん» ごめ、返信おくれたぁ(´;ω;`)通知気づかんかった(´;ω;`)気づかれないように見てるのよ??79かぁ、、wお疲れっす (3月26日 20時) (レス) id: ac4db95f9a (このIDを非表示/違反報告)
かしわもち「ひよこ」(プロフ) - あやめ。さん» よ、よかった(*´∀`*)…こ、こkkkkkkkkkkkこっそりと!?気づかなかった…あのね?占ツク1か月やってなかっただけでね?通知がね?79もきてたのだよ。それを頑張って消してたのだよ。 (3月18日 22時) (レス) id: 22d020e1dd (このIDを非表示/違反報告)
あやめ。(プロフ) - かしわもち「ひよこ」さん» お前っ...誰だ.......なんてねw覚えてるに決まってるじゃないですかぁ??忘れないわよぉ!ひっそり作品とかも読ませてもらってたり…(´ ・ω| (3月18日 19時) (レス) id: ac4db95f9a (このIDを非表示/違反報告)
かしわもち「ひよこ」(プロフ) - お…お久しぶりです。覚えててくれてるかな…?『おまえ、誰だよ』ってなんないかな…。忘れられてない…よね?(ブルブル… (3月18日 18時) (レス) id: 22d020e1dd (このIDを非表示/違反報告)
あやめ。(プロフ) - みきまる。さん» 復帰したんか!!!見に来てくれてありがとん! (2月5日 17時) (レス) id: 97f87fcb8c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あやめ。 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/8ecb0b589e1/  
作成日時:2018年12月20日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。