占いツクール
検索窓
今日:107 hit、昨日:91 hit、合計:78,308 hit

賑やかな病室 ページ26

貴方side

寝ちゃった独歩さんを一緒のベッドにいれ(神宮寺先生が入れてくれた)

スーツ姿で寝てるとこをみるの久々と写真を撮る。

奏音は独歩さんに似た髪色で顔のパーツは私達のいい所を組み合わせた感じだった。

パパ似かな〜?♡♡

目の色はよく分からないからな…あ、泣きぼくろあったな。

髪は独歩さんカラーだったけどきっとストレートだろうし…

まぁどう考えても天使か!

次の日起きるとまだ独歩さんは横で寝ていて朝からすみませんと入間さんが来てくれた。

『昨日はお世話になりました』

入間「いえ、支えてただけですから…仕事で帰ってしまって申し訳ございません」

いや、大丈夫ですよと言うと「お目にかかりたかった…」と言われた。

昼になると奏音が部屋に運ばれてきて独歩さんがニヤニヤしながらほっぺを触っていた(写真は撮った)

独歩「可愛い…」

『ね〜本当に可愛い』

もう親バカになりそう…笑

一郎「奏音様っ」

二郎「ほんとだ奏音様っ」

三郎「奏音ちゃん部屋に来てたんですね」

上二人はスルーしてと。

『うん。も〜可愛いくてしょうがない!』

一郎「マジ天使」

『一郎、明日から一緒に住むんだよ』

一郎「マジかよ、やべぇよ。」

天使を前にして語彙力を失った長男に苦笑いをして、今日は仕事休みと言っていた独歩さんにお願いをする

『独歩さん…お願いがあって…』

独歩「ん?なに?」

『麻天狼のスマホカバーと缶バッジが今日発売なんだ…』

神宮寺「失礼するよ。Aさん、ご苦労だったね。」

紙袋を貰った

神宮寺「DOPPOくんのだけで良かったかな?」

『ありがとうございます!今本人に買わせるとこでした』土下座

独歩「並ばされるとこだった…」

いらっしゃい!→←深夜



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (67 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
272人がお気に入り
設定キーワード:ヒプノシスマイク , 観音坂独歩
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雪兎(プロフ) - 夏目さん» すみません、間違えてコメントを消してしまいました。指摘しておいてほんとすみません。小説とてもおもしろかったです (6月25日 23時) (レス) id: 891e3e9ab7 (このIDを非表示/違反報告)
夏目(プロフ) - 雪兎さん» !!、本当だ…そうですね、すみません!!変えてきます! (6月25日 23時) (レス) id: a2fbb0221e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:夏目 | 作成日時:2019年4月30日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。