検索窓
今日:63 hit、昨日:417 hit、合計:27,684 hit
.






  バレーなんて分からない



  だけど誘われたから着いて行ったら


  「何で宮くんが居るの...?!」




  高校時代の同級生、宮侑が居ました





⋆┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈⋆


こんばんにちわ!ほたるです!


掛け持ちばっかしてますね、学習しません((



今回は宮侑くんとのお話です!

緩々〜とやっていこうと思うのでどうぞ宜しくお願いします!

あてんしょん!

☆亀更新

☆成人済

☆NOエセ関西弁

☆パクリではありません


誹謗中傷等の他者を不快にする行為はお控え下さい

この作品が気に入って頂けましたら是非高評価、お気に入り登録、コメントお願いします!


他の作品はコチラから!

覗き見少女【HQ】
http://uranai.nosv.org/u.php/novel/ics1/

妖怪列車【HQ】
http://uranai.nosv.org/u.php/novel/ics2/



それでは小説の方をどうぞ!





.執筆状態:連載中

苗字、あだ名の設定が可能 (設定する)未設定





























おもしろ度の評価
  • Currently 9.88/10

点数: 9.9/10 (57 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
202人がお気に入り
設定タグ:ハイキュー!! , 宮侑 , 稲荷崎
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ほたる | 作成日時:2022年9月17日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。