占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:8 hit、合計:37,184 hit

80日目 ページ13



今日は球技大会がある。



高校生になってもまだ

ドッジボールをやるらしい…。




女子か男子

どちらか一方でも優勝したら

先生がマーゲンダッツ奢ってくれるらしいので

近瀬A本気だそうと思います。




因みに治もやる気満々。
















なんやかんやあって1組女子は

準決勝まで来た。


次の相手のクラスの女子は

ほとんど運動部で、

おまけにその過半数をソフト部が占めている。


…今回はちょっと厳しそうだ。



まぁ、やるからには全力だけど、。














惜しくも外野が1人差で負けてしまった。

「くっやしぃぃぃぃいい!!!!」

加「最後にあと一人当てればよかったぁぁぁ!!」


「私たちのマーゲンダッツは男子に託すしかないね。」



加「…悔しいけどそうだね。」





よし、男子の応援行くとするか!!

「のん!男子の応援しに行こ!!」

加「うん!」



















二階にある観覧席にのんと来た。


男子はめでたく決勝まで駒を進めてくれて

対戦相手は2組、

宮侑と銀島結

がいるクラスだ。




「治!マーゲンダッツはお前にまかせた!!」

「角名!頑張れ!」



あまり高さのない観覧席から

身を乗り出して応援したら、



治「おん!!」

角名(コクッ




治と角名は片腕をあげながら
返事をしてくれた。














試合が始まる直前、

角名がこちらを向いたと思ったら

口パクで

角「(応援してよ)」



と言い、手を振りつつ


コートに入っていった。



うん、やばぃ。
心臓バクバクする…



あ、ちゃんと手はふりかえしましたッ!!







すると後ろの方から


モブ「え、ねぇ、今の角名くん見た??!!カッコよすぎない??」

モブ「見た!!手振ってた!!ほんとかっこいい…」



なんて、他クラスの女子の声が聞こえた。



なんか、嬉しくない。



加「ほら言ったでしょ笑

意外と角名くん人気なんだよー」



「うん…」



加「(はやく好きって認めちゃえばいいのに)」









そんなこんなで試合はスタートした。

〃→←70日目



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (94 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
100人がお気に入り
設定キーワード:角名倫太郎 , ハイキュー , 稲荷崎   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

うい - 面白かったです!ありがとうございました。読んでてわくわくして、最後はドキッとなりました! (4月12日 1時) (レス) id: ec7084cd50 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:赤りんご | 作成日時:2020年4月2日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。