検索窓
今日:8 hit、昨日:50 hit、合計:16,828 hit
突然背中を押され、誰だと振り返ってみたら、妹が黒い笑みを浮かべてこちらを見ていた。


背後に迫る大型のトラック。
あたりに響くのは急ブレーキのけたたましい音。



次の瞬間には私の体は跳ね飛ばされ…血の赤の中で絶命した、、、、









筈なんですけどね??


瀬「(名前)!俺の処においで〜?お兄ちゃんだよぉ〜?」


翠「うん…今日も最高に可愛い俺の癒やし……今ならしんでもいい気がする…」


奏「(名前)〜、いっしょに『ぷかぷか』しませんか〜?」





どういう状況だろうこれは(白目)。





――目を覚ましたら大好きなあんスタの世界にトリップしてました――






切り取り。



ども、こんにちは。
一体どれだけ掛け持ちしたら気が済むのだか。作者のΑγιάνοです。

転生&愛され物を書いてみたかったんです。

インスピさんが止まらなくて((




あてんしょん!!
・あんずちゃん居ます。
・似たような作品は多いですが決してパクリではないです。
・更新頻度亀以下です申し訳ない。
・少しスランプ気味でテキトーにつらつら書き始めたから変なとこ沢山あるかも。教えてくれると嬉しい。((執筆状態:連載中




















おもしろ度の評価
  • Currently 9.84/10

点数: 9.8/10 (49 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
244人がお気に入り
設定タグ:あんスタ , 転生
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Αγιάνο | 作成日時:2022年6月24日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。