占いツクール
検索窓
今日:133 hit、昨日:31 hit、合計:20,213 hit

バレンタインデー編 Part 6+作者から ページ32

ジョルノ...ジョルノはどこかな。

『あ、いたジョルノ!』

ジ「どうしたんですか?」

『はい!チョコだよ!』

ジ「これ、くれるんですか?」

『うん!私が最初、ここに来た時
私の傷直してくれたり、
色々と守ってくれたジョルノには
感謝しきれないぐらい凄く!感謝してる!』

ジ「A...チョコ、
ありがとうございます。」

ギュー

...ジョルノ、本当にありがと!

あとはブチャラティだけ

ぁ、あそこにナランチャがいる

どこにいるか聞いてみよ

フムフム

ブチャラティは自分の部屋にいるのか

昨日終わってない書類をまとめてる

なんか心配...だな。

ブチャラティの部屋の前

コンコン

カギ、開いてる、そういえば昨日も開いてた。

『失礼します、ブチャラティ...いる?』

奥からパソコンを打つ音が聞こえた。

部屋も真っ暗

気づいてないの...かな?

近づいてみる

『ねぇ、ブチャラティ?』

ブ「うぉ!?っ、Aか...
ノックぐらいしてくれ...驚いt」

『ノックしました!』

ブ「す...すまん気づかなかった。」

『...私、怒ってますよ?』

ブ「な、なんで...だ?」

シャー

カーテンを思いっきり開けて窓も開ける

冷たい風が部屋の中に入る

『ノックしても気づかない、
部屋も真っ暗、空気も悪い、
こんな中で仕事してたらダメって
昨日注意しましたよね?』

ブ「ぅ...。」

『やりすぎですよ...』

ブ「でもッ。」

『いま、コーヒー持ってくるので
コーヒー飲んだら休んでください。
仕事は私がやりますよ!』

ブ「いや俺が...」

『ダメ!仕事なら私に任せて!
フーゴと一緒にやれば大丈夫だよ!!
後、これでも食べて糖分摂取して!』

ブ「チョコ、か...俺が食べてもいいのか?」

『今日はバレンタインデー、
ブチャラティのために作ったんだよ!』

ブ「...そうか、すごく嬉しいよ。
ありがとな、A。」

『っ。今コーヒー持ってくるね!』

なんか、顔が熱い...気がする。

そんなことより、コーヒーを...




そのあとブチャラティは休み

手伝ってくれたフーゴと2人で書類をまとめた

フーゴに感謝です!

今度からは私を進んで手伝おっと。

それに

ブチャラティには、感謝しかないから...

あの時、私を助けてくれてありがとね!

ブチャラティ!!




『ハッピーバレンタイン!』



----------------

期間が伸びてしまいすいません

謝罪しかないです┏●

すいません!!

これからも、よろしくお願いしますね!!

Part 17→←バレンタインデー編 Part 5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (59 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
105人がお気に入り
設定キーワード:護衛チーム , 暗殺チーム , ジョジョ5部
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミリイ(灰崎信者)(プロフ) - アバッキオの小説も書いて欲しいです 黄金の風ではアバッキオ大好き過ぎる格好いいイケメン (28話でアバッキオが刺された時『私を1人にしないで...レオーネ』って私完全に言ってました) (6月21日 19時) (レス) id: 99fc6b4eef (このIDを非表示/違反報告)
レオ - あーんち暗ちあーんち暗殺ち (1月28日 19時) (レス) id: 142bd89f3a (このIDを非表示/違反報告)
カルー(プロフ) - 燐_白狐さん» いえいえ、長文だったので威圧的になっていないか心配だったのですが、そう言っていただけてよかったです。これからも無理せず、頑張ってください! (12月18日 17時) (レス) id: 4f002d6ec0 (このIDを非表示/違反報告)
燐_白狐(プロフ) - カルーさん» なるほど、試しに色々してみた結果、解除(?)出来ました!本当にありがとうございます!(;Д;)(;Д;) (12月18日 0時) (レス) id: 0625795926 (このIDを非表示/違反報告)
カルー(プロフ) - 初コメ失礼します。r18フラグは多分ミスタのスタンド名のせいでなっています。フラグが付いていると、18歳未満のお気に入り登録していない人は確実に探せなくなると思われますから、間に空白を入れたり、何か試行錯誤した方がいいかもしれません。長文失礼しました。 (12月12日 14時) (レス) id: 4f002d6ec0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:燐_白狐 | 作成日時:2018年11月22日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。