占いツクール
検索窓
今日:133 hit、昨日:31 hit、合計:20,213 hit

クリスマス編 Part 1 ページ14

とうとう来てしまった...

そう、待ちに待ったクリスマス。

クリスマス...とは、

簡単に言えば

サンタさんからプレゼントを貰える日だ

サンタさんから、

プレゼントを、

貰える。

...

そして今日は

クリスマス・イブ

『...やっと、この日が来た!!』

ミ「何ひとりで叫んでるんだ?」

『ミスタさん!!クリスマス・イブですよ!
ヤバいですって!!』

私は今、ミスタさんとリビングで

ホットミルクを飲んでいた

寒い日に飲むホットミルクって

絶品ですよね、すごく、美味しい...

ミ「落ち着けって、ホットミルク飲めって...」

クリスマス・イブだから

テンションがMAX!

だが、落ち着こう。

ゴクン

プハァ

『...やっぱり、美味しいですね』

ミ「で、今日はクリスマス・イブだが〜...
なんだ、何故そんなにテンションが高い?」

『ミスタさん!
知らないとは言わせませんよッッ!!』

バンッ

ミ「ちょ、机を叩くなって笑」

『今日は!クリスマス・イブ...そう、
サンタさんが来る前日!』

ミ「...ふむ、そうだな。」

『そしてお約束事がありますよね!!』

ミ「ぁ...あ〜、サンタに願いをすr」

『そうです!サンタさんに
プレゼントをお願いする日ですよ!!』

ミスタは思った

ミ「(A...お前信じてるのか
サンタがいることを......)」

Aは信じていた

なぜなら

小さい頃、Aは

クリスマス・イブまでには

欲しいのをお母さんとお父さんと一緒に決めて

寝る前にサンタさんに願うのだ。

そうすると...

次の日、プレゼントがきていたのだ

クリスマスになると、枕元に置いてあったのだ

プレゼントが。

それはつまり、

サンタさんがプレゼントを

渡しに来てくれている、だからいるのだ

それから毎年かかさずクリスマス・イブには

サンタさんにプレゼントを貰えるように

お願いをしていたのだ。

『ミスタさんはもう、
サンタさんにお願いをしましたか?』

ミ「(サンタなんていないぜ、
なんて口が裂けても言えねぇ...。)」

ミ「ま、まぁな...」

『ミスタさんは何をお願いしたんですか?』

ミ「そ、それは...その、秘密だよッ!!
ならよ、そーゆーAは、
サンタに何を願ったんだ?」

『私がサンタさんにお願いしたのは...』





『手袋です!』

何故手袋がほしいのか。

そう

それは、

ブチャラティさんから貰った大切な手袋を

無くしてしまったからだ。

to be continued

クリスマス編 Part 2→←作者から



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (59 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
105人がお気に入り
設定キーワード:護衛チーム , 暗殺チーム , ジョジョ5部
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミリイ(灰崎信者)(プロフ) - アバッキオの小説も書いて欲しいです 黄金の風ではアバッキオ大好き過ぎる格好いいイケメン (28話でアバッキオが刺された時『私を1人にしないで...レオーネ』って私完全に言ってました) (6月21日 19時) (レス) id: 99fc6b4eef (このIDを非表示/違反報告)
レオ - あーんち暗ちあーんち暗殺ち (1月28日 19時) (レス) id: 142bd89f3a (このIDを非表示/違反報告)
カルー(プロフ) - 燐_白狐さん» いえいえ、長文だったので威圧的になっていないか心配だったのですが、そう言っていただけてよかったです。これからも無理せず、頑張ってください! (12月18日 17時) (レス) id: 4f002d6ec0 (このIDを非表示/違反報告)
燐_白狐(プロフ) - カルーさん» なるほど、試しに色々してみた結果、解除(?)出来ました!本当にありがとうございます!(;Д;)(;Д;) (12月18日 0時) (レス) id: 0625795926 (このIDを非表示/違反報告)
カルー(プロフ) - 初コメ失礼します。r18フラグは多分ミスタのスタンド名のせいでなっています。フラグが付いていると、18歳未満のお気に入り登録していない人は確実に探せなくなると思われますから、間に空白を入れたり、何か試行錯誤した方がいいかもしれません。長文失礼しました。 (12月12日 14時) (レス) id: 4f002d6ec0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:燐_白狐 | 作成日時:2018年11月22日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。