占いツクール
検索窓
今日:109 hit、昨日:3 hit、合計:25,112 hit

119-2 ページ40

切島「美味しい!!米美味しい!!」

上鳴「五臓六腑に染み渡る!!ランチラッシュに匹敵する粒だち!!いつまでも噛んでいたい!土鍋…!?」

切島「土鍋ですか!?」

ピクシー「うんつーか、腹減りすぎて妙なテンションなってんね
まー、色々世話焼くのは今日だけだし、食べれるだけ食べな」

マンダ「あ、洸汰、そのお野菜運んどいて」

洸汰「フン……」

平次「洸汰!それ運んだらこっち来い!うまいお好み焼き食わしたるで!」

洸汰「うん!」

『明らかに服部とマンダレイっていうヒーローに対する態度が違うぞ?』

服部が作ったお好み焼きを口に運びながら野菜の入った段ボール箱を運ぶ洸汰を見つめる希良

平次「あのガキにも色々あったっちゅうこっちゃ!
お前や工藤やあの小っさなった姉ちゃんやガキみたいにな「小っさなったって?」そらもう大人がガキに……ってえ?」

コテを振り回しながら言う服部に、緑谷が尋ねた
希良は『(馬鹿野郎!)』と目で訴えた

緑谷「小さくなったって…人間がですか?」

平次「えっ、そ、そそ、そらぁ、まあ、」

緑谷「ガキってコナン君ですか?もしかしてコナン君って、“個性”のせいで小さくなったんじゃ…でもそんな事が(ブツブツ」

平次「な、なあ妹ちゃん?あの緑谷っちゅう奴…」

『あ、ああ…あーいうのだ…心配すんな』

指をさしながら希良に聞く服部
希良はお好み焼きを食べ終えると、スマホを取り出した

『まあ、服部には言っておかねぇとな…風呂上がったら休憩スペースで待っといてくれよ』

平次「ん?何の話や?」

『水無怜奈の事だよ…言ってたろ?組織の手に戻して、って、はぁ……』

スマホのトーク画面を開いた希良はゴンッと頭をぶつけた

平次「なんや?どないしたんや?」

『何でもねぇ…

(ったく、まあいいけどさ…)』

コナンからの内容で事件解決をしたはいいが、沖矢昴の家がないということで、工藤邸に住まわせるという事になったらしい
その返信を打った後、希良はコソコソと服部と話し合った

平次「ホォー?そらまたけったいなことになったなァ…」

『はははは…まあな』

平次「せやったら…仕方ないな…無茶だけはしぃなや?」

『ああ…!』

真剣な表情で話し終えた2人は食器類を片付けた
夕食を食べ終えた全員は風呂へと向かった

119-3→←119話 風呂



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
36人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

mayumi(プロフ) - サッカーバカさん、119‐3話での平次が服部に間違えてます。 (10月23日 21時) (レス) id: 58f715f8f9 (このIDを非表示/違反報告)
mayumi(プロフ) - 神野区での戦い後にオリジナルストーリー書いて欲しいです!それはもちろん焦凍と勝己の誘拐事件です。二人を誘拐して丸太のように全身緊縛を書いて欲しいです!書いて下さいますか? (10月23日 17時) (レス) id: 58f715f8f9 (このIDを非表示/違反報告)
サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» 迷ってます 特別編でまた違う方に書くかですね。 (10月23日 15時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)
mayumi - ちょっと先と言うと林間、神野編後ですか? (10月23日 12時) (レス) id: 992928189f (このIDを非表示/違反報告)
サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» ちょっと先ですね (10月21日 21時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:サッカーバカ | 作成日時:2018年10月17日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。