占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:116 hit、合計:25,688 hit

105話 合理的虚偽 ページ3

相澤は希良の意思を尊重すると言い、先ほどの話をA組には内密にするようにと轟に言った
轟は渋々納得をするが、眉を寄せて希良を見ていた

『(もう…もう、私のせいで)』

ギュッとスカートの裾を掴んだ
その後、2人は教室に向かった

轟「おはよう」

『おはようございます』

麗日「あれ、希良ちゃんと轟君、今日休むってデク君言ってたけど」

轟「ああ、休む理由がなくなったから学校きた」

『わ、私もです』

希良の近くにどんよりとした空気が漂っていた
希良は横を見ると、上鳴、砂糖、芦戸、切島の暗い雰囲気に驚いた

『ど、どうしたんですか?』

芦戸「皆…土産話っひぐ、楽しみに…うう、してるっ…がら!」

緑谷「まっまだわかんないよ どんでん返しがあるかもしれないよ…!」

瀬呂「緑谷、それ口にしたらなくなるパターンだ…」

気落ちする4人に緑谷が励ましているのを見た希良は、麗日に『何が?』と聞いた

麗日「演習試験で赤点取っちゃったんだよ、あの4人」

『あら』

上鳴「試験で赤点取ったら林間合宿行けずに補修地獄!そして俺らは実技クリアならず!
これでまだわからんのなら貴様らの偏差値は猿以下だ!!」

瀬呂「落ち着けよ、長え」

『そこまで理解してるのに何で赤点取ったんですか?』

上鳴「きっつい一言だな!」

『?』

記憶が失っても尚、辛口だった

瀬呂「わかんねぇのは俺もさ 峰田のおかげでクレアはしたけど寝てただけだ
とにかく採点基準が明かされてない以上は「同情するならなんかもう色々くれ!!」」

相澤「予鈴が鳴ったら席につけ」

カァンとドアを開けた相澤
ドアが壊れる、と思ったのは希良だけなのだろうか

相澤「おはよう、今回の期末テストだが…残念ながら赤点が出た

従って…

林間合宿は全員行きます」

4人「どんでん返しだあ!」

相澤「筆記の方はゼロ、実技で切島・上鳴・芦戸・砂糖、あと瀬呂が赤点だ」

切島「行っていいんスか俺らあ!!」

瀬呂「確かにクリアしたら合格とは言ってなかったもんな…」

肩を落とす瀬呂を席からちょこんと座って見ていた希良は『お疲れ様です』と苦笑いした

相澤「今回の試験、我々敵側は生徒に勝ち筋を残しつつどう課題と向き合うかを見るように動いた
でなければ、課題云々の前に詰む奴ばかりだったろうからな」

尾白「本気で叩き潰すと仰っていたのは…」

相澤「追い込むためさ、そもそも林間合宿は強化合宿だ
赤点取った奴こそここで力をつけてもらわなきゃならん
合理的虚偽ってやつさ」

「「ゴーリテキキョギィイー!!」」

105-2→←104-2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
35人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

mayumi(プロフ) - サッカーバカさん、119‐3話での平次が服部に間違えてます。 (10月23日 21時) (レス) id: 58f715f8f9 (このIDを非表示/違反報告)
mayumi(プロフ) - 神野区での戦い後にオリジナルストーリー書いて欲しいです!それはもちろん焦凍と勝己の誘拐事件です。二人を誘拐して丸太のように全身緊縛を書いて欲しいです!書いて下さいますか? (10月23日 17時) (レス) id: 58f715f8f9 (このIDを非表示/違反報告)
サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» 迷ってます 特別編でまた違う方に書くかですね。 (10月23日 15時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)
mayumi - ちょっと先と言うと林間、神野編後ですか? (10月23日 12時) (レス) id: 992928189f (このIDを非表示/違反報告)
サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» ちょっと先ですね (10月21日 21時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:サッカーバカ | 作成日時:2018年10月17日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。