占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:11 hit、合計:110,735 hit

22話 糾合 ページ31

翌日


緑谷「ええっ!?工藤さんが体育祭当日まで学校を休む!!?」

麗日「な、なんで!?」

A組の教室の前に生徒達がごった返しになったその翌日、まずは緑谷、麗日の声で始まった

相澤「まあ、探偵の仕事が体育祭当日の朝まであるらしくてな…警察からも協力して欲しいと言われてるらしい」

飯田「ですが、その間の授業などは」

相澤「そこら辺は、工藤に2週間分の授業内容とプリントを渡してある」

蛙吹「ケロッ、でも2週間も工藤ちゃんに会えないのは悲しいわ」

上鳴「だよなー」

爆豪「……チッ」

轟(工藤、来ねえのか)

明らかにがっかりする轟と不機嫌になる爆豪
相澤はそんなクラス全員を見た後、やがてため息をついた

相澤「つっても、電話はできるらしいから、気になるんならかけろ」

「「電話‼」」

相澤「だが、ほとんど出ないかもしれないらしいから、そこんとこは配慮してやれ」

「「…出ない…‼」」

ーーーーー
ーーー


『へっくしゅん‼』

コナン「大丈夫?」

『平気平気』

くしゃみをした希良は、ズズズと鼻をすする
土砂降りの雨の中、小五郎の運転する車の中に蘭、コナン、そして希良の3人が乗っている

毛利「くそっ!何が近道だ‼あのガソリンスタンドのオヤジこんな道教えやがって…」

蘭「ねえ…ホントにこの道で合ってるよね?」

ガタンゴトンと車が揺れる
森の中を走る車で小五郎はムカつきながら走っていた

毛利「フン!わざわざスタンドの中に連れ込んで、地図買わせてちんまら教えやがってあのオヤジ…間違ってたらただじゃ済まさねーぜ!」

『(ゴツン)

あだっ‼』

コナン「す、凄い音」

『いてててて……』

窓に頭をぶつけた希良は、早くまともな道に出るのを願った

蘭「やっとまともな道に出たみたい!」

毛利「––––ったく…」

コナン「でも近道っていうのは本当みたいだね!」

毛利「ん?」

コナン「ホラ、アレでしょ?ボク達がこれから行く…「黄昏の館」って」

『うわー…不気味なところ』

土砂降りの雨で視界は悪いが、かろうじて見える遠くの方に建つ館…「黄昏の館」

毛利「黄昏の館っていうより…まるでドラキュラ屋敷だな…」

蘭「ホ、ホントに行くの?あんなトコ…」

毛利「バーロ!「貴殿の英知を讃え我が晩餐に御招待申し上げます」って、希良君のところにもオレんところにも来ただろ…招待状と200万の小切手もらったら行くっきゃねーだろ?」

22-2→←17-3 後日談



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.8/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
155人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» キッドを最後に出した後、時計仕掛けの摩天楼の中間あたりを出そうと思ってます (2018年9月16日 15時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)
サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» 多分終わりますね、最終局面ですから (2018年9月16日 13時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)
サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» 黄昏の館編楽しすぎて、2週間あっという間に終わるかもですね (2018年9月16日 13時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)
サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» 大好きなみんなですから、無茶しますよ夢主さん (2018年9月16日 13時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)
サッカーバカ(プロフ) - mayumiさん» はい!めちゃくちゃになりながらそーなっていきますね!夢主さんは人の命がなくなるのがコナン君同様1番嫌っていますから (2018年9月16日 13時) (レス) id: 7487ed3f06 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:サッカーバカ | 作成日時:2018年9月16日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。