占いツクール
検索窓
今日:22 hit、昨日:181 hit、合計:62,678 hit

8滴:心配 ページ9

.







「おれ、1年の日向翔陽です!」


「俺は3年の菅原孝支でーす!」


「あ、私は2年の菅Aです…」









お互いに名前を知らなかったので自己紹介をする。しかしこの2人からコミュニケーション力の高さが凄く伝わってくる。


羨ましいな、って。









「え、名字“菅”なの!?」


「!は、い…」









自己紹介をすれば菅原先輩からそう言われる。なんか凄く嬉しそうだ。









「あ!同じですね!」




と日向君。









「じゃあ“スガちゃん”って呼ぶね!」


「!はい」









菅原先輩の笑顔はやはり昨日のあの笑顔と同じだった。


私にとって先輩の笑顔は眩しかった。



















それから日向君と菅原先輩と協力して小銭入れを探す。









「どういう小銭入れですか?」


「えっと、パンダの小銭入れ…だね」


「可愛いですよね!パンダ!」









菅原先輩だけではない。日向君のこの感じ。どこに行ってもすぐ友達を作ることが出来るのだろうと私は思った。またもや羨ましい。



















外以外にも自動販売機に来るまでのルートをたどる。すると靴箱のところで、









「あったよスガちゃん!」


「!」









菅原先輩が見つけてくださった。









「ありがとうございます…」


「どういたしまして!」









見つかったのと同時にお昼休み終了のチャイムが鳴った。









「あ、おれ次移動教室だ!見つかってよかったです!Aさん、また何かあったら言ってくださいね!」









手をブンブンと振り、日向君は自分の教室へと戻っていく。






私はパンダの小銭入れをぎゅっと手に握り、そしてポケットに入れた。


もう飲み物を買う時間はないので諦めよう。









「ねぇスガちゃんってさ、」


「?」









突然、私の隣にいた菅原先輩が口を開いた。









「_________“自分のコップ、壊れてない?”」


「…え?」


「いや、やっぱなんでもない。またね、スガちゃん」


「…?」









自分のコップ?壊れていない?




どういうことなのだろうか。




先輩の口から聞こえた言葉。









「あれ…?」









______________どこかで聞いたことがあるような…。

9滴:沼→←7滴:昼休み



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (131 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
315人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー!! , 菅原孝支 , 烏野高校
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ノン(プロフ) - みなさん» コメントありがとうございます。私もスガさん大好きですね(笑) (9月16日 15時) (レス) id: 06efefbac8 (このIDを非表示/違反報告)
ノン(プロフ) - 渚@俺ナーさんさん» コメントありがとうございます。更新がんばります! (9月16日 15時) (レス) id: 06efefbac8 (このIDを非表示/違反報告)
みな - スガさん大好きです!! (9月16日 11時) (レス) id: c7efde0d03 (このIDを非表示/違反報告)
渚@俺ナーさん(プロフ) - 好きです…。こういうお話好きです。更新頑張ってくださいね! (9月16日 2時) (レス) id: fb112923a5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ノン | 作成日時:2019年9月15日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。