占いツクール
検索窓
今日:62 hit、昨日:39 hit、合計:34,530 hit

#21 ページ22

俺は小さい頃から、心臓があまり強くなかった。


あれは、5歳の頃。


「成人する頃まで生きていられるか……」


泣き崩れるおかんの姿が今でも忘れられん。


かなり早めのリミット付きの人生。


誰よりも謳歌してやろう思ってたけど、


やっぱり心の中ではいつも、


こいつらは俺の何倍も長く生きれるんやろなって羨ましく思ったり、


なんで俺は心の底から笑えんのって悲しくなったり。


中学入って、嫌なことをちょっと言われたくらいで、いろんな感情が爆発して、いろんなもんがどうでもよくなって、人付き合いを避けるようになった。


そんな俺に、唯一構ってくれたんはしげ。


一度俺はしげに、


「何も俺のこと知らへんくせになんで構ってくるん。ほっとけや」


って言ったことがあって。


かなりひどいこと言ったなって我ながら思ったけど、しげはきょとんとした顔で、


「何も知らへんから、知りたいって思ってん」


って言ってくれた。


その後、


「あとほら、小瀧イケメンやから!俺イケメンの友達欲しかってん!!周りに自慢できるやろ!?」


なーんていう付け足しもあったけどな。


なんも考えてないアホやって思ってたけど、しげなりに俺を輪に入れようとしてくれてたんとちゃうかな、って今やったらそう思える。




しげと仲良くなったあとに仲良くなった神ちゃんとか流星には、俺の体のことを話したんやけど、しげには話さんといてって言った。


しげには知ってて欲しくなかったんや。


俺のことであの笑顔が一瞬でも崩れてまうのをどうしても見たくなかった。

#22→←#20



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (156 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
311人がお気に入り
設定キーワード:重岡大毅 , 小瀧望 , ジャニーズWEST   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:シャルル | 作成日時:2019年7月14日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。