占いツクール
検索窓
今日:50 hit、昨日:17 hit、合計:60,652 hit

43 ページ47

未悠「やっぱりレイ先輩ってモテるんですね〜。」




レイ「どうしてそう思うの?」




レイは左に首を傾げた。その拍子彼女の髪の毛が、サラリと揺れる。

なんでってそりゃ思わない方が馬鹿だ、というかこの人は自分がモテてるという自覚がないのか?と未悠は思った。





ハズレ。彼女は馬鹿じゃない、鈍感でもない、自分が可愛いことくらい、モテることくらいとっくの昔から知っている。飽きるほど自分の綺麗な顔を鏡で見てきたから、耳にタコができるほど、愛の言葉を囁かれてきたから。




未悠「だって、この前も告白されてたじゃないですか!それに、うちのクラスの男子達がチャリ部のマネージャーには天使がいるって騒いでましたよ!」




東堂「確かにモテるよな。オレほどではないが!ワッハッハ!」




東堂が自信満々にそう言ったのを見て、レイはため息をひとつ。何故こんなにナルシストに育ったのだろう…いや、出会った時には既にこいつはナルシだったな、なんて思いながら。




未悠「でも本当、レイ先輩って天使みたいですよぉ〜。」




レイ「はは、よく言われるよ。」




レイ(飽きるほどに、ね。)




レイは寂しそうな、辛そうな声でそう言った。なんとなく、表情も悲しそうだった。
未悠にはわからなかったが東堂にはその顔が、声が、いつもとは違うことがわかったがあえてそこは触れないでおいた。




東堂「そうだレイ、あと2週間でテストが始まるだろう?」




気を遣ったのか、東堂が話題を変えてきた。流石、登れる上にトークも切れる男だ。←今美形は必要なかったので入れなかった。




レイ「あ、そうだね。それがどうしたの?」




東堂「勉強、教えてくれないか?」




口元に人差し指を当て、少し考えてからレイは口を開いた。




レイ「いいよ、別に。どうせ荒北とか華代とかの勉強も見ないとだし。」

44→←42



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
72人がお気に入り
設定キーワード:弱虫ペダル , 東堂尽八 , 荒北靖友   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もち米太郎(プロフ) - しおらんさん» コメントありがとうございます!!東堂めっちゃ好きで勢いで作っちゃいました笑行き当たりばったりの思いつきの話なので本当文才ないですけど今後も頑張りますんで今後もよろしくお願いします! (2018年9月11日 6時) (レス) id: 498205eb8a (このIDを非表示/違反報告)
しおらん(プロフ) - 凄く面白いです!荒北も好きだけど東堂かっこいいです!早くくっついてほしい!これからハラハラしそうな予感ですが続き楽しみです!頑張って下さい! (2018年9月10日 13時) (レス) id: 097333551a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もち米 | 作成日時:2018年8月13日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。